ERPでビジネス管理はどう変わる?Dynamics 365シリーズによる管理とは

 2021.11.03  BizApp チャンネル編集部

経営基盤の総合的な強化を目的として、ERPを導入する企業が増加傾向にあります。ERPの運用効率を最大化するためには、自社に適した製品を選定しなくてはなりません。そこで本記事では、ERPの概要について詳しく解説するとともに、Microsoft社が提供する「Microsoft Dynamics 365」を紹介します。

ERPでビジネス管理はどう変わる?Dynamics 365シリーズによる管理とは

New call-to-action

ERPによるビジネス管理とは

現代は情報爆発時代と呼ばれており、企業が事業領域で取り扱うデータ量は指数関数的に増大しています。このような時代のなかで、企業が市場の変化や多様化する顧客ニーズに対応していくためには、いかにして蓄積された経営データを活用するかが重要な課題といえるでしょう。そこで必要となるのが、ERPによる情報の統合的な管理です。

ERPとは

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略称で、日本語では「企業資源計画」と訳される経営手法を指します。企業の基盤となるヒト・モノ・カネ・情報といった経営リソースを一元的に管理し、経営体制の効率化・合理化を図ることがERPの目的です。そして、ERPの実行・支援を目的として、組織内のデータを統合管理するITシステムを「統合基幹業務システム」と呼びます。

統合基幹業務システムは、財務・会計・人事・購買・生産・在庫・販売といった各部門のデータを一元的に管理し、リアルタイムによる経営状況の可視化を可能にするソリューションです。本来、ERPは経営リソースを一元的に管理する手法や概念を意味する言葉ですが、近年では統合基幹業務システムを指してERPと呼称するのが一般的になりつつあります。本記事においても「ERP=統合基幹業務システム」という前提で読み進めていただければと思います。

従来の業務システムとは何が違う?

従来の業務システムとERPの決定的な相違点はデータの管理領域です。企業によって異なりますが、基本的に人事部門や購買部門、生産部門などの業務データは、各部門の業務システムで個別に保管されています。そして、各部門がそれぞれの業務に適した形式でデータベースや入出力帳票などを運用・管理するのが一般的です。

ERPは、この組織内に分散している基幹部門の、さまざまなデータを一元的に管理するソリューションです。つまり、従来の業務システムは管理領域が「部門」であるのに対し、ERPの管理領域は「企業」そのものであるといえます。この基幹部門のデータを一元化する特性が、統合基幹業務システムと呼ばれる所以です。

ERPでビジネス管理するメリット

ERPの本質な役割は経営リソースの一元化です。従来の業務システムは各部門の業務体制に最適化されているものの、部署を横断したデータの受け渡しや連携には対しては非効率的といえます。たとえば、生産部門と販売部門のデータベースにズレや矛盾があれば、在庫数の誤認によって過剰在庫や過少在庫を招く原因となるでしょう。

ERPは組織のあらゆるデータを一元的に管理することで情報の重複や矛盾が削減され、全社横断的な情報共有や部署を跨いだ業務連携を可能にします。また、1つのデータベースに基幹業務の情報を集約できるため、経営状況を俯瞰的な視点から分析可能になる点もERPのメリットです。それにより、定量的なデータ分析に基づく論理的な経営判断や事業戦略の策定など、マネジメント領域における意思決定を支援します。

さらにERPの導入によって、セキュリティーポリシーの統一を図れる点も大きなメリットです。部門毎にシステムが分散している状態では、部署によって運用ルールが異なるため、セキュリティーポリシーの統一が困難です。ERPをビジネス管理に用いることで、システムの運用やセキュリティポリシーを統一し、組織全体における業務効率化と生産性の向上が期待できます。

日本向けランゲージ&ローカライゼーション・パック
Dynamics 365 Business Central 業務要件をいかに標準機能に落とし込むか

ERPをも超えた「Dynamics 365」によるビジネス管理

ERPの導入を検討している企業にとって、頭を悩ませる課題のひとつがソリューションの選定です。ERPは全社的な情報管理を実行するソリューションであり、多種多様な機能が求められる一方、要件を満たすためにアドオン開発を行えばコストの増大を招きます。そのため、要件定義が非常に困難であり、自社に適したソリューションの選定は簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが、Microsoft社が提供するERP「Microsoft Dynamics 365(以下、Dynamics 365)」です。Dynamics 365は、さまざまな業務領域をカバーする豊富なモジュールが搭載されており、自社に必要な機能のみを選択できます。カスタマイズ性や拡張性に優れるため、さまざまなビジネス要件に対応可能なソリューションです。

CRMも兼ね備えた包括的なソリューション

Dynamics 365は基幹系システムでありながら、情報系システムのCRMを搭載しています。CRMとは「Customer Relationship Management」の略称で、顧客情報を網羅的に管理し、顧客関係管理の最適化を支援するソリューションです。この2つを統合的に運用することで、ERPが蓄積した広範な基幹情報とCRMの顧客情報を連動させ、自社の経営状況に照らし合わせた営業戦略の立案が可能となります。

Dynamics 365の製品構成

先述したように、Dynamics 365はさまざまなモジュールが搭載されており、複数のアプリケーションによって構成されているERPです。代表的なモジュールとして、以下のアプリケーションが挙げられます。

  • Commerce
    流通や小売の領域をサポート
  • Customer Service
    顧客対応の領域をシステム化
  • Field Service
    フィールドサービス全般を効率化
  • Finance
    財務会計や管理会計などを効率化
  • Guides
    作業環境の最適化を支援
  • Human Resources
    人材の採用・育成や人事評価をサポート
  • Microsoft Relationship Sales
    顧客とのリレーションシップを構築
  • Project Operations
    プロジェクト管理領域を総合的支援
  • Remote Assist
    遠隔地のエキスパートと現場作業者を連携
  • Sales
    営業活動の業務領域を管理
  • Supply Chain Management
    調達・生産・在庫管理・物流・販売をサポート

権限とコストを最適配置できる柔軟なシステム

先述したように、Dynamics 365は幅広い業務領域に対応するモジュールから必要なものだけ契約できます。もちろん、システム環境とデータ構造は統合されており、ベースとなる基盤に自社の要件を満たすモジュールの利用権を追加する形式です。これにより必要な従業員に必要な権限を持たせつつコストをコントロールできるというメリットがあります。

導入しやすい「Dynamics 365 Business Central」でトータルビジネス管理

ERPの導入は、大企業であれば数千万円から数億円の導入費用と、数ヶ月から数年という開発期間を要する一大プロジェクトです。しかし、中小企業であれば、自社の組織規模に適した機能のみ搭載し、可能な限り開発費用と開発期間を抑えたいのが実情ではないでしょうか。そんな中小企業向けのERPとして2018年にリリースされたのが「Dynamics 365 Business Central」です。

もう1つの選択肢「Business Central」とは

Dynamics 365 Business Centralは、Dynamics 365の他の製品とは独立した存在で、中小企業向けの機能群が搭載されたERPです。具体的には、財務会計管理・生産管理・在庫管理・販売管理・サービス管理・サプライチェーン管理・プロジェクト管理・マーケティング管理の8つのモジュールによって構成されています。Dynamics 365 Business Centralは、Dynamics 365と比較すると機能は限定的ですが、開発費用や開発期間を大幅に抑えられる点が大きなメリットです。

無理なくビジネス全体を管理

Dynamics 365 Business Centralは、OfficeやTeams、OneDriveといったMicrosoft製品との親和性が高く、1つの製品でERP・CRMとして必要な機能を揃えられるという利点があります。各機能がコンパクトにまとまっており、操作性や視認性に優れ、無理のない予算でERPのメリットを享受できるソリューションです。大企業ほどの多様な資金調達手段をもたない中小企業にとって、最もおすすめできるERPといえます。

まとめ

ERPをビジネス管理の領域に用いることで、経営状況の可視化や全社横断な情報共有が実現します。しかし、ERPの導入は莫大な開発費用と長期に及ぶ開発期間を要するため、自社に適したソリューションを選定しなくてはなりません。Dynamics 365であれば、さまざまな業務領域をカバーする多彩なモジュールから自社に適したものを選択できるため、多様な事業領域に対応可能です。ERPシステムの導入を検討している企業は、Dynamics 365を採用してみてはいかがでしょうか。

CTA

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

グローバルなサプライチェーン管理に役立つ!Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementとは?

ERP

Microsoft Dynamics AXとは?いますぐアップグレードすべき理由も解説

ERP

Dynamics 365導入のキーポイントとは?おすすめしたい会計テンプレートの活用

ERP

シーイーシーによるdynamics365導入支援の事例を紹介!

ERPでビジネス管理はどう変わる?Dynamics 365シリーズによる管理とは

サイト掲載へのお問い合わせ