ERPとMRPの違いを解説

avatar

 2017.09.08  Dynamics 365編集部

MRP(資材所要量計画)という管理手法は古くから存在し、今でも製造業を中心に当たり前のように活用されています。概念や名称が似通っていることから、ERPと混同して考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、MRPとERPはまったく異なるものであり、ここではその違いについて解説していきます。 

MRPとMRP2

まずはMRPについての解説していきます。「資材所要量計画」と呼ばれるMRPは、簡単に言えば「BOMと基準生産計画をもとに資材調達を最適化する」ための管理手法、及びそれを実現するITシステムです。

製造業における重要課題の一つは「必要以上の在庫を持たないこと」です。在庫が過剰になっているとキャッシュフローを悪化させ、管理コストを上げてしまいます。対して在庫の過不足がなければ、市場の需要を満たしつつ、キャッシュフローを改善しさらなる投資を可能にします。 

つまり製造業では、在庫管理は経営そのものと言っても過言ではないくらい重要です。

しかし、実際に在庫管理を最適化することは、そう簡単なことではありません。適切な在庫管理を行えなかったがために、経営が傾いてしまう企業も存在するほどです。

そこで、資材調達を最適化するためのMRPが誕生しました。これが1970年代のことです。

MRPにおいて重要なBOMとは部品表のことであり、工場では製造する部品や完成品一つ一つに部品表を作成し、生産に必要な部品数と、調達までに必要なリードタイムを記載します。さらに部品ごとの値段や組み立て順まで記載することで、基準生産計画の基礎としていたのです。

こうしたBOMと基準生産計画を活用することでMRPを実践し、在庫管理や生産の最適化を目指していました。 

1980年代に入ると、今度は在庫だけでなく、MRPの概念をヒト・モノ・カネのすべてに取り入れようという動きが活発化します。これがMRP2という管理手法、及びそのITシステムです。

生産に関わる能力(人材、部品、リードタイムなど)を総合視点で管理することで、さらなる生産最適化を目指しました。 

ちなみに、MRPやMRP2と対に位置する生産方式として、トヨタのカンバン方式があります。MRPやMRP2が基準生産計画をもとに調達などを行う「プッシュ型」の生産方式だとすれば、カンバン方式は後工程の要求に応えている「プル型」の生産方式だと言えます。 

ERPとは?

1990年代に入り海外企業のグローバル化が進むと、情報管理の範囲が、受注、出荷、財務、会計など経営資源のほどんどを含むようになりました。つまり、社内全体の情報を管理することで、全体最適化を目指そうという取り組みです。 

そこで登場したのが、ERPという概念です。ERPは「統合基幹業務システム」と呼ばれ、複数の業務システムを統合し、情報資源の一元管理を実現するためのITシステムとなります。

日本では1990年代後半から2000年代前半にかけ、ERPが話題となり、大企業を中心にERPの導入が進みました。そのときの主流となったERPがSAPやOracleです。しかし、同時に多くの企業がERP導入に失敗した時代でもあります。 

それもそのはず、海外で誕生したERPは日本の商習慣に合わせたものではなく、日本企業にフィットするようなERPは、まだ存在していなかったのです。当時の「海外グローバル企業のベストプラクティスを導入できる」というセールス文句も、ただの言葉として終わっています。

それから一度は下火になった日本企業のERP導入も、今では再度活発化しています。その理由が国産ERPなど日本企業の商習慣にマッチした製品や、クラウド型ERPが登場したことです。

クラウド型ERPとは文字通り、クラウドサービスとして提供されるERPを指します。例えばGmailやブラウザのように、インターネット上で「サービスとして」提供されるので、導入企業は社内インフラを整備する必要がありません。

必要なのは、インターネット接続環境とPC、それと毎月の利用料です。

従来、大規模なプロジェクトと莫大なコスト(数億円単位)を必要としていたERP導入も、クラウド型ERPの登場によって一気に身近なものとなりました。最近では、中小企業のクラウド型ERPが続々と進んでいます。

まとめ

本稿により、MRPとERPの違い、並びにクラウド型ERPの重要性を理解していただけたのであれば幸いです。ちなみに2層ERPという概念は、海外拠点だけでなく国内グループ企業にも適用できるものなので、事業拡大の際はぜひご検討ください。

Microsoft Dynamics 365概要

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「ERP」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Microsoft Dynamics 365概要