シーイーシーによるdynamics365導入支援の事例を紹介!

 2021.11.29  BizApp チャンネル編集部

近年、業務改革を目的として、クラウド型ERPを導入する企業が増加傾向にあります。そんなクラウド型ERPのなかでも高い評価を得ているのが、Microsoft社の「Dynamics 365」です。本記事では、Dynamics 365の概要を解説するとともに、株式会社シーイーシー(CEC)による導入事例をご紹介します。

シーイーシーによるdynamics365導入支援の事例を紹介!

New call-to-action

Dynamics 365はMicrosoft社のCRM/ERP製品

「Dynamics 365」とは、Microsoft社が提供するクラウドサービスであり、ERPとCRMの機能を兼ね備えるソリューションです。財務・会計・人事・購買・生産・販売などの基幹業務とともに顧客情報を統合管理し、的確な経営判断や迅速な意思決定を支援します。

Dynamics 365は複数のアプリケーションによって構成されており、営業戦略やマーケティング戦略、財務会計管理や人材育成など、さまざまな業務領域のサポートが可能です。

CRM/ERPとは?

Dynamics 365の最も大きな特徴は、ERPシステムでありながらCRM機能を有している点です。ERPとは「Enterprise Resources Planning」の略称で、ヒト・モノ・カネ・情報を統合的に管理し、経営リソース配分の最適化を図るマネジメント手法を指します。そして、財務会計管理・人事管理・購買管理生産管理・在庫管理・販売管理といった基幹業務を統合的に管理し、経営資源の最適化を支援するITシステムを「統合基幹業務システム(ERPシステム)」と呼びます。

一方、CRMとは「Customer Relationship Management」の略称で、「顧客関係管理」と訳されるマネジメント手法です。顧客情報を集約して分析し、顧客一人ひとりに対して最適化されたアプローチによって、良好な関係を構築することがCRMの主な目的です。この顧客関係管理を効率的に実行するソリューションがCRMシステムであり、Dynamics 365の主要機能のひとつとなっています。

顧客情報の管理が容易になる

Dynamics 365のもうひとつの特徴として、複数アプリケーションによって構成されている点が挙げられます。たとえば、マーケティング戦略を支援する「Dynamics 365 Marketing」や、顧客対応をシステム化する「Dynamics 365 Customer Service」、営業活動の業務領域を管理する「Dynamics 365 Sales」など、豊富なモジュールが搭載されています。

自社の事業領域に必要なアプリケーションを自由に選べるだけでなく、カスタマイズ性にも優れるためシステム間の連携が容易であり、顧客情報の効率的な管理体制の構築が可能です。また、デバイスや場所を問わず利用できるという特性を備えることから、リモートワーク環境やオフィス外でも顧客情報の管理を最適化できます。

Microsoft 365(旧 Office 365)と連携できる

Dynamics 365は、ほかのMicrosoft製品との連携性に優れるため、多くの企業におすすめできるクラウド型ERPです。とくにWordやExcelに加え、OneDriveやSkypeなどのコラボレーションツールが搭載されたMicrosoft 365と連携できる点は大きなメリットです。今や、Office製品なくして業務は成り立たないといっても過言ではなく、従来のパッケージ型からSaaS型のMicrosoft 365へ移行する企業が増加しています。

Dynamics 365とMicrosoft 365は、1つのポータル画面から同一のIDとパスワードでログインでき、シームレスな連携が可能です。たとえば、ERPに保管されている基幹業務データをExcelに送出したり、CRMのデータベースに登録されている顧客に対し、Outlookでメールを一斉送信したりといった連携が容易に実行できます。

OJTオートメーションの考え方 – SFA × チャットツールで実現するOJTオートメーション –
SFACRM導入定着させるためのポイントと導入前のチェック

株式会社シーイーシーによるDynamics 365導入事例を紹介

Dynamics 365に限らずERPシステムの導入は、移行計画や導入スケジュールの策定、非機能要件の定義やマイグレーションの実行など、相応の工数を要します。また、マイグレーションの実行時にデータ消失やファイルの破損といったリスクも伴うため、導入ベンダーの選定が非常に重要な課題といえるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、株式会社シーイーシー(以下「CEC」)が提供するDynamics 365の導入支援です。CECは都内に本社を置く東証一部上場企業であり、ITシステムの設計・開発・導入支援などを得意とするSIerです。Dynamics 365の導入支援サービスも提供しており、豊富な導入実績を誇ります。ここからは、CECによるDynamics 365の導入事例をご紹介していきます。

サンフロンティア不動産株式会社

サンフロンティア不動産株式会社では、クライアントによりよい提案をするべく、組織内の情報共有と業務連携の強化が求められていました。そこで情報共有基盤の強化を目的として選定したのが、Dynamics 365とMicrosoft 365です。それぞれを連携させることで、営業活動や案件の進捗状況が常時把握可能となり、営業活動全体における業務効率の改善と生産性の向上に成功します。また、顧客情報をクラウド上で管理することによって、顧客の深耕度を共有できるため、深い顧客理解と定量的な分析に基づく営業戦略の立案・策定が可能となったのです。

株式会社阪急阪神エクスプレス

株式会社阪急阪神エクスプレスでは、グローバル市場におけるシェア拡大の一環として、属人的な営業スタイルから効率的なワークスタイルへの転換が重要課題となっていました。この経営課題を解決すべく採用したのが、Dynamics 365とMicrosoft 365です。この2つを連携させることで、営業活動のあらゆるデータが紐づけられ、1つのダッシュボードで確認可能となります。営業活動におけるあらゆるデータが共有されることで、業務の属人性の排除に寄与し、結果として設定目標を大幅に超える新規案件の獲得に成功しました。

株式会社日刊スポーツ印刷社

株式会社日刊スポーツ印刷社では、アナログな業務のデジタルシフトが大きな課題となっていました。そこで同社はDynamics 365を導入し、出来高の手書きやシステムへの手入力といった、アナログな業務のデジタル化に踏み切ります。Dynamics 365の導入によって、各工場の生産情報や期間別のデータ推移を可視化・分析できるようになり、情報集約や金額計算のタイムラグ削減に成功します。さらに、アドオン開発によって独自機能を付与し、業務プロセスのデジタル化とともに、業務効率の大幅な改善を実現しています。

古野電気株式会社

魚群探知機や船舶レーダーなどを取り扱う古野電気株式会社では、新規案件の成約に2~3年もの時間を要することも珍しくなく、「営業案件の管理」が重要な経営課題となっていました。そこで同社はDynamics 365を活用し、従来の営業レポートを廃止して、CRMにデータを集約する業務体制を構築します。Dynamics 365の活用を促進することで、営業会議の質が向上し、結果として事業部全体で取り組む営業プロセスの効率化に成功しました。

積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社は、ERPシステムにDynamics AX 2012を採用していたものの、サポート終了期限が迫っていたため、別システムへの移行が急務となっていました。分析力の向上やオペレーション品質の改善といった目的も重なり、移行先に選ばれたのがDynamics 365です。しかし、ERPシステムのマイグレーションは膨大な工数を要し、データの消失や破損などのリスクも伴うため、移行を支援するベンダーとしてCECが選ばれました。これにより、Dynamics AX 2012からDynamics 365への移行に成功し、高度な情報分析やオペレーション品質の向上、リモートワーク環境の最適化といった成果の創出に成功しています。

中央日本土地建物グループ株式会社

中央日本土地建物グループ株式会社では、データのサイロ化とシステムのレガシー化が深刻化しており、必要な情報をタイムリーに抽出できないという経営課題を抱えていました。システム環境の刷新が急務となっていた同社は、Dynamics 365の導入を推進すべく、CECにマイグレーションを依頼します。そして、新たなプラットフォームへ移行するとともにデータのサイロ化を解消し、取引先情報の一元化やコア業務への集中、それに伴う生産性や保守性の向上といった成果を実現しています。

まとめ

ERPは財務会計管理・人事管理・購買管理・生産管理・在庫管理・販売管理といった基幹業務を統合的に管理し、CRMは顧客情報を一元管理することで、営業活動やマーケティング戦略の最適化を支援します。Dynamics 365はERPとCRMの連携によって、経営状況の可視化や意思決定の迅速化、部門間連携の強化など経営基盤の総合的な強化に貢献するソリューションです。Dynamics 365の導入を検討している企業は、CECによるDynamics 365の導入支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

Dynamics 365 導入事例・お客様の声のご紹介

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

組織改革が必要な理由とは?メリットや正しいステップを紹介

ERP

事業多角化とは?種類やメリットを徹底解説

ERP

企業に求められるESG経営と取り組むメリットについて

ERP

データドリブン経営とは?メリットや課題、成功のためのポイントを解説

シーイーシーによるdynamics365導入支援の事例を紹介!
ERP導入で失敗する8つの理由と回避策
ブログ購読のお申込み
New call-to-action
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

RANKINGパートナー資料ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ