サプライチェーンマネージメント(SCM)戦略を強化するためのIoT連携

 2021.12.28  BizApp チャンネル編集部

近年、注目を集めている「サプライチェーンマネージメント」。サプライチェーンマネージメント戦略を強化するには、IoTを活用することが効果的と言われています。しかし具体的には、どのように活用することで、高い効果を発揮するのでしょうか。
本記事では、サプライチェーンマネージメント戦略においてIoTを連携させることのメリットや、最適化に必要な条件について解説します。

サプライチェーンマネージメント(SCM)戦略を強化するためのIoT連携

New call-to-action

サプライチェーンマネージメント(SCM)とは?

サプライチェーンマネージメントとは、「原材料の調達~販売」までの製造における一連の工程、いわゆる「サプライチェーン」を最適化する経営管理手法のことです。

商品の製造には多くの工程が関わっており、それぞれの工程を辿ることで1つの商品が製造・販売されます。しかし、それぞれの工程は独立しており、かならずしも連携できているというわけではありません。
そのため、ある工程が独自に業務効率の向上を図った場合に、その影響で別工程の業務効率が低下するといった問題が発生する恐れがあります。
このようなことを防ぎ全体の工程を最適化することが、サプライチェーンマネージメントです。

Power Automateを活用した業務自動化の内製化支援 サービス - DXチューター
Microsoft Power Automate導入事例 製品問合せ業務の効率化

サプライチェーン戦略強化にIoTを連携させるメリット

サプライチェーンマネージメントで最適化を図る戦略において、IoTは欠かせません。IoT導入によって、サプライチェーン戦略を強化することができるでしょう。

さまざまなメリットがあるIoT機器ですが、今回は下記5つのメリットを紹介します。

  • 可視化
  • インテリジェンス
  • 顧客管理の自動化
  • 分析・改善がしやすい
  • グローバルソリューションに対応
それぞれ、詳しく見ていきましょう。

可視化

サプライチェーンには、在庫数や納期をはじめとした多くのデータがあります。IoTを活用することで、これらのデータを可視化することができます。
例えば、製造工程で部品の在庫数を把握していたとしても、調達工程が在庫数を把握しておかなければ、調達が遅れて製造に影響が出てしまうかもしれません。IoTによって各工程がデータを可視化して共有していけるので、このような状況を防ぎサプライチェーン戦略を強化できるでしょう。

インテリジェンス

IoTを活用すると、単純作業のAI化を推進してサプライチェーン戦略の強化を図ることができるでしょう。
単純作業などをすべて人の手で行っていては、ヒューマンエラー発生の原因となり、各工程に影響を及ぼす要因にもなります。IoTによってこれらの作業をAI化し、なるべく人の手を入れないようにすることで、誤発注などの作業ミスのリスクを低減することができるでしょう。もちろん、人件費を削減する効果も期待されます。

顧客管理の自動化

IoTの活用は、サプライチェーン戦略における関係業者や顧客の管理工程においても大きな効果を発揮するでしょう。
関係業者や顧客との間では、請求書や見積書などのさまざまな書類をやり取りする必要があります。サプライチェーンにIoTを連携させることで、必要なデータを簡単に取り扱うことができ、書類作成のサポートや自動送付などまで行えます。
そのほかにも、注文の追跡や返品管理などの管理業務を自動化することもできるでしょう。

分析・改善がしやすい

分析・改善において、データ活用は必要不可欠です。
顧客の動向パターンなどのデータを分析することで、サービスの改善に活かすことができるでしょう。IoTでは、サプライチェーンのデータを取得し、そのデータを基に分析を行っていけます。分析結果を基に、製造やサービスなどの各工程の改善を推進することで、サプライチェーン戦略を着実に強化可能となるでしょう。

グローバルソリューションに対応

IoTは、複数拠点の在庫を一元管理することにも長けています。
拠点が複数ある場合、在庫などの管理を拠点ごとに行う必要があります。しかし、それではサプライチェーン全体で在庫管理を行うことができず、最適化を図ることはできません。特に、全国・世界中に事業所や倉庫などの拠点がある場合、在庫の把握は難しいでしょう。
IoTによって在庫を一元管理することで、各拠点から在庫状況を正確に把握し得る環境が構築されます。

サプライチェーンに最適なシステム環境とは

IoTを連携させることによって、サプライチェーン戦略を強化することができます。
しかし、闇雲に連携させても大きな効果を挙げることはできません。サプライチェーン戦略の強化には、最適な環境が必要です。

最適な環境の条件とは、主に下記の4つです。

  • 在庫拠点をつなげる仕組み
  • 全体と細部のバランス
  • 段階的に導入が可能な仕組み
  • 費用対効果のバランス

それぞれの条件について、詳しく見ていきましょう。

在庫拠点をつなげる仕組み

サプライチェーンは、さまざまな工程によって構成されています。
場合によっては、社内部門だけではなく別会社もサプライチェーンの構成に関わっていることもあるでしょう。また、在庫拠点が複数ある場合も珍しくありません。
このような、さまざまな立場や役職を持つすべての人が使いやすく、容易にオペレーションが可能な仕組みを構築する必要があります。

全体と細部のバランス

サプライチェーン戦略には、サプライチェーン全体と各工程のバランスが大切です。
ある1つの工程を最適化したことで、結果的にサプライチェーン全体の効率が低下する、またその反対が起こってしまっては最適化を図れません。工場などの部分的な最適化と全体の最適化、その両方が実現できる仕組みである必要もあります。
そのため、部分的な最適化が全体の最適化につながるような仕組みを、構築すしなくてはならないでしょう。

段階的に導入が可能な仕組み

段階的に導入することで、コストをはじめとした新たな環境を構築する際のハードルを下げることが可能です。
一度でサプライチェーン全体を最適化できるに越したことはありませんが、それではハードルが高いと感じる方もいるでしょう。また、環境が変化することで追加の拡張が必要となる場合もでてくる可能性があります。
このような状況に対応するためにも、段階的な導入が可能な仕組みである必要があります。

費用対効果のバランス

IoTによるサプライチェーン戦略強化には、過剰な機能は必要ありません。過剰な機能は、導入コストを増加させてしまう要因です。費用対効果のバランスを考えながら、それぞれの事業目的にあった最適なシステムを構築することが大切です。

業務知識を活かしたMicrosoft Dynamics 365 構築サービス

これまで紹介した、サプライチェーン戦略の強化に最適なシステム環境を構築するためには、専門のサービスを利用することが効果的です。
なかでもおすすめのサービスは、日商エレクトロニクス株式会社の「Microsoft Dynamics 365 Finance / Supply Chain Management」です。日商エレクトロニクスが、Microsoftのパートナーとして、製造業をはじめとする多くの業種のサプライチェーンマネージメントに最適なサービスを提供しています。

操作がシンプルなため、各工程で簡単にシステムの操作を習得でき、すぐに最適化を図っていけます。しかしながら、サプライチェーンは、製造業や、商社・卸など業種によっても特性が異なるため、業種のノウハウを持った導入パートナー選びが重要になります。
サプライチェーン戦略を強化するためになにを行えばいいか悩んでいる方は、まずは導入実績が豊富な「Microsoft Dynamics 365 構築サービス」を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、サプライチェーン戦略の強化におけるIoTの活用方法について解説しました。
導入することでさまざまなメリットがあるIoTですが、その効果を最大限に発揮するには一定の条件を満たす必要があります。これらの条件を満たして、最適なシステム環境を構築するには、日商エレクトロニクスのMicrosoft Dynamics 365 構築サービスを利用することが効果的です。ぜひ、このサービスを活用しつつ、サプライチェーンの最適化を始めましょう。

商社・卸売業向けMicrosoftDynamics365構築サービス

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

組織改革が必要な理由とは?メリットや正しいステップを紹介

ERP

事業多角化とは?種類やメリットを徹底解説

ERP

企業に求められるESG経営と取り組むメリットについて

ERP

データドリブン経営とは?メリットや課題、成功のためのポイントを解説

サプライチェーンマネージメント(SCM)戦略を強化するためのIoT連携
ERP導入で失敗する8つの理由と回避策
ブログ購読のお申込み
New call-to-action
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

RANKINGパートナー資料ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ