Dynamics 365導入のキーポイントとは?おすすめしたい会計テンプレートの活用

 2021.11.02  BizApp チャンネル編集部

新しいERP ソリューションの導入は、企業にとって多くの時間と資金を要する大事業です。このプロジェクトをスムーズに成功させるには、しっかりした計画性と製品選びが欠かせません。そこで本記事では、Microsoft社製のERP「Dynamics 365」を導入する際のポイントと、おすすめの会計テンプレ―トをご紹介します。

Dynamics 365導入のキーポイントとは?おすすめしたい会計テンプレートの活用

New call-to-action

ERPパッケージの導入でよくある課題

ERP(Enterprise Resource Planning)とは、会計財務や生産管理、顧客管理など、企業のさまざまな事業活動を支援するための業務システムです。ERPの特長は、複数のシステムを統合し、企業内に散在するあらゆる情報を一元的に管理できることです。その特性からERPは「統合基幹業務システム」と呼ばれることもあります。

しかしその有用性と比例するかのように、ERPの導入にはさまざまな課題があります。コスト面や技術面の問題から手を出すのを躊躇っている起業、導入したものの期待していたほどの成果を上げられていない企業も多いようです。そこでまずは、ERPを導入する際によく浮上する課題について解説します。

要件定義に時間がかかる

要件定義とは、システムの導入によって何を実現したいのか目標を設定し、その目標達成のために必要なシステム仕様を洗い出す作業のことです。要件定義をしっかりしていないと自社にどのようなERP製品が必要なのか、ERPをどのように使っていくべきなのかも分からず、システムの導入は失敗に終わってしまいます。ERPは海外のものも含めて多種多様な製品があるためなおさらです。

ERPの要件定義をするには関係する部門・社員がどのようなシステムを求めているか正確に把握し、コスト面や使用感なども含めてさまざまな方向から検討しないといけません。しかしERPは先述のように複数のシステムを統合管理する性質上、関係する部署も業務も多く、必然的に要件定義に時間がかかりがちです。

開発工数・コストの高さ

ERPは開発工数や、コストがかかりがちだという欠点もあります。自社が求める要件を完全に満たすERPを開発しようとすれば、その分開発工数は複雑になり、それに必要な時間や労力も大きなものになります。また、ERPには海外製のパッケージもたくさんありますが、そうしたERPは日本の商習慣とは食い違う部分も多く、結果的に開発工数がかかってしまう場合もあります。

また、ERPをとりわけオンプレミス型のシステムとして開発する場合、その開発費は非常に高くなり、数千万円にも達するコストがかかってしまうことも珍しくありません。クラウド型のERPならば導入コストを大きく下げられますが、それでも一定以上のランニングコストは覚悟しなければならないでしょう。それゆえERPを導入する際には、自社がERPにどのくらいコストをかけられるか総合的に計算し、システム要件との兼ね合いも考えながら製品選択をしなければなりません。

導入後のシステム運用方法

システムは導入したらそれで終わりではなく、その後は普段の業務で着実に役立てていかなければなりません。そのためにはまずどのような業務にERPを用いるのか新しい業務プロセスを明確にし、データ入力やデータ管理の仕方などシステムの運用方法について社員教育を徹底することが必要です。

New call-to-action
【神戸製鋼所様事例】財務会計のガバナンス強化を実現し、決算精度を向上

HI-KORT 365会計テンプレートとは

上記のように、企業がERPを導入するためにはさまざまな課題を乗り越えなければなりません。そこでおすすめしたいのが、「HI-KORT 365会計テンプレート」の活用です。HI-KORT 365会計テンプレートとは、Microsoft社が提供するクラウド型ERPパッケージ「Dynamics 365 for Finance and Operations」にコベルコシステム株式会社独自のノウハウを組み合わせたITソリューションです。

コベルコシステムは1995年から長年ERPビジネスを展開しており、ERP導入について豊富な実績とノウハウを持っています。HI-KORT 365会計テンプレートには、Dynamics 365の会計機能に日本特有の商習慣に対応した各種機能や、ビジネスプロセスフローや操作マニュアルなど導入期間や費用を抑制するさまざまなドキュメントが用意されています。企業はこれらの便利な機能やドキュメントを利用することで、通常では考えられない最短4ヶ月という短い期間でERP導入を実現することが可能です。

HI-KORT会計テンプレートの主な機能・特長

HI-KORT会計テンプレートの主な機能や特長としては主に以下のことが挙げられます。

一般会計・債務管理

HI-KORT会計テンプレートにはコベルコシステムのノウハウを集約した便利なテンプレートやドキュメントがいくつも用意されています。例えばHI-KORT会計テンプレートには、振替伝票や元帳、あるいは債務データの入力・照会・レポート機能など、日本の商習慣を反映した便利な一般会計・債務管理機能が搭載されています。また、複数会社や拠点間の会計データを統合させることも可能です。

月額課金制での提供

HI-KORT 会計テンプレートは月額課金制で利用できるクラウドサービスです。それゆえ、ユーザー企業は導入コストを抑え、必要に応じて柔軟に運用期間を定めて活用できます。また、Dynamics 365のバージョンアップに応じてテンプレートをアップデートしたり、よりユーザーフレンドリーな使い勝手になるように機能拡張を行ったりなども積極的に行っています。これらの特長はクラウドサービスならではと言えるでしょう。

複数の業種・言語・通貨に対応

HI-KORT会計テンプレートは、組み立て製造・プロセス製造・卸売り・サービスなど、同一インストール内で複数の業種に対応した機能をカバーしています。また、41の言語、36か国の税法、複数の通貨への対応性を1インスタンスで実現しているため、多方面かつグローバルに事業を展開している企業にも適しています。

HI-KORT365会計テンプレートが選ばれる理由

HI-KORT365会計テンプレートは多くの企業に選ばれ、支持を受けています。HI-KORT365会計テンプレートを導入することで、ユーザー企業はどのような効果を得られるのでしょうか。

短納期でのERP導入が可能

その第一の理由としては、まず納期の短さが挙げられます。ERPの導入には中小企業でも半年程度、大企業ならば1年以上かかることも珍しくありません。しかし多様なテンプレートやドキュメントを備えたHI-KORT365会計テンプレートならばスムーズな導入が可能で、最短4ヶ月で導入を完了できます。

低コストで最新の高品質なサービスが受けられる

HI-KORT 365はDynamics 365の会計領域の中で最も信頼性の高いテンプレートとして高く評価されています。また、Dynamics 365を基盤としているHI-KORT 365は、Microsoft OfficeなどMicrosoft社製のサービスと高い親和性を有しています。さらに、HI-KORT365会計テンプレートはサブスクリプション式で提供されているので、ユーザー企業は低コストで導入し、常に最新の状態にアップデートされたサービスを利用可能です。ユーザービリティを大事に、絶えずサービスの高品質化を目指す姿勢こそが、多くの企業から厚い信頼を受ける原動力と言えるでしょう。複数の業種や言語に対応しているため、事業のグローバル化や多角化が進んだ際にも継続して利用しやすいのも大きなメリットです。

まとめ

本記事では、ERPの導入をする際の課題と、スムーズなERP導入を可能にするソリューション「HI-KORT 365会計テンプレート」についてご紹介しました。HI-KORT 365会計テンプレートは、Microsoft社のクラウド型ERPパッケージ「Dynamics 365」を会計領域で使用するにあたって最も信頼できるERPソリューションです。HI-KORT 365会計テンプレートに搭載されている便利なテンプレートを活用すれば、煩雑で時間がかかりがちなERP導入を迅速に実現できます。本記事を参考に、ぜひ御社に最適なERP導入を推進してください。

CTA

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

ERP 製品10選とその特徴

ERP

海外製ERPと国産ERPの違いとは?

ERP

Dynamics 365の製造業向けテンプレートでERPを導入する利点

ERP

HI-KORT365とは? 機能概要や導入メリット、導入事例を紹介

Dynamics 365導入のキーポイントとは?おすすめしたい会計テンプレートの活用

サイト掲載へのお問い合わせ