Power Appsのライセンスと価格について

 2019.11.03  BizApp チャンネル編集部

Microsoft PowerAppsはマイクロソフトが提供するビジネスアプリケーション作成ツールです。PowerPointのような直感的な操作とExcelのような関数入力により、業務に欠かせないアプリケーションの作成を簡単にすることで業務効率化に貢献します。

PowerAppsはDynamics 365を補完するツール(カスタマイズするツール)としても活用されています。クラウド型ERP(Enterprise Resource Planning)のDynamics 365で提供されているのは、ERPソリューション、CRMソリューション、Mixed Realityソリューション、AIソリューションという大きく分けて4つのソリューションカテゴリーです。

本稿では、そのPowerAppsのライセンスと価格について紹介します。

関連記事:
業務アプリの新たな開発/カスタマイズ手法 ローコードとは何なのか?ノンコードとの違いも解説

最近よく聞く「PowerApps」って何?その概要を5分で解説!

license-and-price-for-power-apps

Microsoft PowerApps はじめてのアプリ開発

PowerAppsのライセンスと価格

PowerAppsが提供するライセンスには、「Power Apps per app」と「Power Apps per user」の2種類があります。Power Apps per appプランは、特定のアプリを利用するユーザーごとにライセンスを割り当てるのに向いています。Power Apps per userは、実行するアプリの数に関係なく、1ユーザーごとに1件のライセンスを割り当てたいビジネスに最適です。また、用途に合わせてライセンスを組み合わせて使うことも可能です。

では、この2つのライセンスには、どのような違いがあるのでしょうか。以下の表に、各プランの価格と異なる機能についてまとめました。

PowerAppsプランの比較

Power Apps per app(ユーザー単位/アプリ単位)

Power Apps per user (ユーザー単位)

1ユーザーあたりの月額料金

1,090円

4,350円

アプリの作成・実行・共有

キャンバスとモデル駆動型アプリの作成

無制限

無制限

キャンバスアプリの実行

2アプリ

無制限

モデル駆動型アプリの実行

2アプリ

無制限

  カスタムポータルへのアクセス

  1カスタムポータル

  無制限

データへの接続

標準コネクタを使用したデータへの接続

プレミアム コネクタを使用したデータへの接続

オンプレミスゲートウェイを使用した、オンプレミスデータへのアクセス

カスタムコネクタを使用したデータへの接続

データの保存および管理

Dataverseの利用

カスタムテーブルの作成とアクセス

  〇

  〇

Dynamics 365の制限付きテーブルへのアクセス

読み取り専用

読み取り専用

Dataversデータベースキャパシティ(テナント レベルでプール)

5GB

10GB

Dataversファイル容量(テナント レベルでプール)

20GB

20GB

フローの実行

自動化/インスタント/スケジュール済みのフロー

アプリのコンテキスト内

アプリのコンテキスト内

ビジネス プロセス フロー

アプリのコンテキスト内

アプリのコンテキスト内

AIの組み込み

AI Builder キャパシティ アドオン

有償

有償

PowerAppsを他のサービスから利用するには?

PowerAppsを利用する方法は、ライセンスを購入して契約するだけではありません。Office 365やMicrosoft 365、Dynamics 365の一部のプランから利用できる場合があります。その対象となるプランは下記の通りです。

PowerAppsが使用できるMicrosoft 365・Office 365プラン

  • Office 365 E1/E3/E5/F3(旧: Office 365 F1)
  • Microsoft 365 Business Basic(旧: Office 365 Business Essentials)
  • Microsoft 365 Business Standard(旧: Office 365 Business)
  • Microsoft 365 Business Premium(旧:Microsoft 365 Business)
  • Microsoft 365 F3(旧: Microsoft 365 F1)/E3/E5
  • Office 365 A1 for Faculty/for Students
  • Office 365 A1 Plus for Faculty/ for Students
  • Office 365 A3 for Faculty/for Student Use Benefit
  • Office 365 A5 for Faculty/for Students/for Student Use Benefit

PowerAppsが使用できるDynamics 365プラン

  • Dynamics 365 Sales Enterprise/Professional
  • Dynamics 365 Customer Service Enterprise/Professional
  • Dynamics 365 Field Service/Project Operations/Team
    Members/Finance/Supply Chain Management/Commerce/Human Resources/Operations–Activity
  • Dynamics 365 Business Central/Central Team Members

Dataverse(旧称:Common Data Service)について

Power Appsの per appプランとper userプランの比較表を見ても分かるように、そこまで大きな機能の違いはありません。では、なぜここまで価格に大きな差があるのでしょうか。それは“Dataverse”サービスの有無に関係しているのです。

PowerAppsではビジネスアプリケーションの開発をノンプログラミングで容易に行えます。ただし、アプリごとのデータ連携については別の話です。各アプリでデータを連携して活用するためには、データベースの構築が必要不可欠です。専門性が高くなるとでチームの負担が増え、開発プロジェクトが大きな課題を抱えてしまう原因にもなりかねません。

“Dataverse”の場合、特別なデータベースを構築しなくても、そこにデータを蓄積するだけで利用できます。つまり、シンプルな作業だけでさまざまなアプリがそのデータを相互に活用できるのです。

PowerAppsで作成したアプリをはじめ、格納されているさまざまなデータをPower BI(セルフサービス型BI)・Microsoft Power Automate(タスク自動化ツール)・Office 365・Dynamics 365からのアクセスで、データ変換なしで利用できる環境が整います。

作成したアプリケーションを連携し、業務の効率性を一気に高めるためには、“Dataverse”の役割は非常に重要なものとなるでしょう。だからこそ、“Dataverse”の有無が価格に大きく関わってくるのです。

関連記事:マイクロソフトのCommon Data Service (CDS)とは? だれでもデータを活用できる世界を目指す

PowerAppsを導入する際は、プランごとの違いを明確に理解した上で、自社にとって最適なプランを選択しましょう。

CTA

RECENT POST「開発」の最新記事


開発

PowerAppsって何?Power BIとの違いも解説

開発

最近よく聞く「PowerApps」って何?その概要を5分で解説!

開発

PowerAppsで何ができるの?特徴やメリットも解説

開発

Microsoftが提供するPower Apps サンプル アプリを試してみる

Power Appsのライセンスと価格について

サイト掲載へのお問い合わせ