Power Pagesでできること・ライセンスやPower Apps Portalsとの違いとは

 2022.12.16  BizApp チャンネル編集部

ITによる業務効率化やデータ利活用の実現が急がれる中、デジタル人材のニーズは年々高まっています。しかし日本では未だ、スキル・知識不足のデジタル人材も少なくありません。そこで本記事では、高度な専門知識を必要とせずにWebサイト構築を行えるMicrosoft Power Pagesについて紹介します。

ITによる業務効率化やデータ利活用の実現が急がれる中、デジタル人材のニーズは年々高まっています。しかし日本では未だ、スキル・知識不足のデジタル人材も少なくありません。そこで本記事では、高度な専門知識を必要とせずにWebサイト構築を行えるMicrosoft Power Pagesについて紹介します。

Microsoft PowerApps はじめてのアプリ開発

Power Pagesとは

Microsoft Power PagesはMicrosoft Power Platform内の新たなツールとして、2022年に米国Microsoftが開催した開発者向けテクニカルカンファレンス「Microsoft Build 2022」にて一般公開されました。これを用いることで、ローコードでWebページを作成するための環境が簡単に整備されます。

「ローコード(Low Code)」とはプログラムコードをほとんど記述することなく、独自のアプリケーションを開発できる環境のことを示します。この環境では、Microsoft Officeに代表されるオフィスソフトウェアを操作するような感覚で、開発を進められます。
従来のアプリケーション開発ではプログラミング言語を用いてコード(コンピューターの動作を決める命令文)を記述する必要がありました。このコードはプログラミングの知識と経験がない人にとっては記述が難しく、記述する人によってアプリケーションの品質も変わってしまう恐れもあります。
対して、ローコードなら一般に、より早く容易にアプリケーションを開発可能で、品質も保持しやすいと考えられています。したがって、専門エンジニアが在籍しない組織でも、アプリケーションを開発したり運用したりする方法として期待されています。
なおローコードは、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するための代表的な手段とも捉えられています。

そしてMicrosoft Power Pagesが実現するのは、「ローコードでのWebサイト作成」を可能にする環境です。一般にローコード開発の弱点として考えられるのは、細かい機能を実現しづらいことです。これを克服するためPower Pagesでは、JavaScriptやLiquidといった言語を用いた開発機能や、Microsoft Power PlatformやMicrosoft Azureとの連携機能を強化しています。それらコード開発や各種連携まで可能な限り容易に行えるPower Pagesなら、柔軟かつ適切な開発環境が整えられます。

Power Apps Portalsとの違い

Microsoftは2022年10月までPower Apps Portalsという名で、ローコードのWebサイト作成システムを提供していました。このPower Apps Portalsの後継が、Power Pagesです。

Power Pagesへの後継に際して、さまざまな改善が施されました。ローコード開発をさらに容易化するさまざまなテンプレートが用意されたほか、より的確なUX/UIも実装されました。
新たなUX/UIでは、「ビジネスユーザー」「ITメンバー」「開発者」という3つのグループにユーザーが分けられ、グループごとに特化したツールが提供されます。例えば開発者グループでは、Visual Studio Code Webといった本格的な開発ツールが、Power Pages Design Studioへ組み合わせられることで、ブラウザ上で使用可能になります。
ほかにも、Microsoft Azure WebアプリケーションファイアウォールやAzure Front Doorを統合することで、セキュリティやガバナンスをさらに堅固に保持します。このようにPower Pagesが実現するのは、ローコード開発を主軸としつつ、複雑な開発まで容易かつ安全に進められる環境です。

編集サイトが進化

Power Pagesの新しいUX/UIでは、編集領域ごとに専用のワークスペースが整理されています。ユーザーはこれら各ワークスペースを切り替えながら、Webサイトを編集します。ワークスペースには主に、ページワークスペース・スタイルワークスペース・データワークスペースなどがあります。

ページワークスペースはWebサイトの設計や構築を行います。Webページ内のテキスト・画像・動画・リスト・フォームなどを自由に配置可能です。また同じPower Platformで提供されているPower BIのレポートも配置できます。このようなウィジェットの配置はコードを記述することなく簡単に操作できます。

スタイルワークスペースではWebサイト全体のテーマや配色といった、スタイルを設定します。スタイルは13のプリセットテーマが用意されており、テーマごとにカラーパレット・背景色・フォント・ボタン・セクション・マージンなどを適切なものに編集可能です。

データワークスペースでは、Webサイトで利用しているデータのモデル化・視覚化を管理します。Microsoft Dataverseに保存されているテーブル・フォーム・リストのデータについて、フィルタリングや並べ替えを施しながら視覚化可能です。

テンプレートが豊富

基本的なテンプレートはもちろん、シナリオベースのテンプレートなども豊富に用意されています。「訪問者をどんなコンバージョンへどう導くか」をまず定め、それに応じて適切なテンプレートを選ぶことで、スムーズなサイト作成につながります。

サイト設計テンプレートではレイアウト・画像・配色が初期設定されていますが、これらはカスタマイズ可能です。サイト・サブページ・問い合わせ・検索結果といった一般的によく利用されるページに加えて、データワークスペースに関連付けられたフォーム・テーブルも用意されており、データの連携も容易です。

シナリオベースでは、「アフタースクールテンプレート」「ミーティングの予約テンプレート」「建築許可申請テンプレート」などがそれぞれの利用シーン向けに用意されており、いずれもカスタマイズ可能です。また大きなカスタマイズを想定して、「空白のページテンプレート」も提供されています。

コード開発がしやすくなった

ページワークスペースでVisual Studio Code Webを用いれば、Webブラウザ上でコード編集を行えます。またスタイルワークスペースでも、CSSコードエディタによってCSSを編集できます。

Microsoft Power Platform CLIを活用すれば、「編集対象のサイトのコードをダウンロードし、そのコードをVisual Studio Codeで編集してから、再度Power Platform CLIを用いてアップロードする」という方法も簡単に実践可能です。Visual Studio Codeなら、例えばスニペット・ライブプレビュー・オートコンプリートなど、Power Pagesのコードを効率的に編集できる機能拡張が利用できます。これらによって、より開発しやすい環境が整います。

Power Pagesのライセンス

Power PagesはPower Platformのひとつとして提供され、ライセンス利用料が発生します。固定化された月額が発生するサブスクリプションプランと、サイトにアクセスしたユーザー数に応じて月額が変動する従量制プランが用意されています。ここではそれぞれの特徴について紹介します。

サブスクリプション プラン

基本的には、月間でのアクティブユーザー数が想定できる場合には、このサブスクリプションプランが適していると考えられます。

ひとつのWebサイトあたりの契約ユーザーをあらかじめ決め、そのユーザー数に応じて月額が設定されます。またユーザーには「認証済ユーザー」と「匿名ユーザー」の2種類が用意されており、前者は認証プロバイダーへのアクセスも可能で、Dataverseで使用可能な容量も後者の数倍になります。本格的に開発に携わらないユーザーなら、後者で十分でしょう。前者と後者それぞれのユーザー数から、サブスクリプション総額が決まります。

従量課金制プラン

月間でのアクティブユーザー数が想定しづらい場合や非常に少数である場合には、従量課金制プランが適していると考えられます。

ひとつのWebサイトについて、あらかじめユーザー数を決めることはせずに、該当月内で実際にアクセスしたユーザー数に応じて、月額が発生します。そのため、前もって月額を換算することが難しい場合もあります。
こちらも認証済・匿名ユーザーの2種類が用意されており、月額への影響額も異なります。なおユーザー契約は、Azureサブスクリプションを使用して行います。

Power Pagesの始め方

Power Pagesは無料で試用可能です。「まずはテスト導入してみたい」という場合、次のように実践してください。

MicrosoftのPower Pagesのサイトから「無料で試す」を選択し、職場または学校のMicrosoftアカウントでログインします。その後「開始する」を選択してから、いくつかの質問に答えると適切なテンプレートを選択可能になります。
テンプレート表示に際して「Desktop」「Mobile」の選択肢がありますが、まずは「Desktop」を選び、「テンプレートを選択」をクリックします。そして新しいサイトの名前とWebアドレスを入力することでテンプレートに合わせたサイトの作成が完了します。以後は、Power Pages Design StudioやVisual Studio Code Webを用いて編集可能です。

まとめ

ローコードでのWebサイト作成環境を実現するMicrosoft Power Pagesは、Microsoft Power Platform内のひとつのサービスです。Power Platform内の各種サービスとの親和性が高く、Power AutomateといったRPAや、Power Appsによる独自開発アプリケーションとの連携も容易に行えます。サイトで取り扱うデータはPower BIで分析することもできます。これらにより総合的な開発環境を整えながら、分析・改善を繰り返していくことで、成果につながる自社サイト作りを目指していきましょう。

PowerAutomateDesktop 活用ソリューション

RECENT POST「開発」の最新記事


開発

Power Platformの導入前に知っておくべきこと、社内に普及させるポイント

開発

ビジネスインテリジェンス(BI)の機能と導入のメリット・デメリット

開発

アプリ開発とは?初心者向けにアプリの種類や開発方法を紹介

開発

製造業必見・アプリ開発の内製化のポイントとMicrosoft PowerAppsの成功事例

Power Pagesでできること・ライセンスやPower Apps Portalsとの違いとは
Microsoft PowerApps はじめてのアプリ開発
Power Platformキャンペーン
ブログ購読のお申込み
New call-to-action
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

RANKINGパートナー資料ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ