小売業者の課題を解決するMicrosoft Dynamics 365 for Retailとは?

 2019.02.20  BizApp チャンネル編集部

小売業者はかつてないほど、さまざまなプレッシャーの最中にあります。イノベーションの競争、顧客購買行動の変化、少子高齢化による販売機会の縮小、レガシーITシステムの刷新など数え上げたらキリがありません。そして、多くの小売事業者において、それを乗り越えることこそが成功への近道でもあります。

しかし現実には、組織のイノベーションや課題解決のための適切な取り組みができず、レガシーなままのITシステムでは有意義なインサイト(洞察)を得ることはできず、顧客が期待する情報流通がままならない状態です。

その中で小売事業者が求められている代表的な目標が次の3つです。

  • ビジネスに関するインテリジェントなインサイトによる業務最適化
  • 社員のエンパワーメントによるビジネス拡大の実現
  • 卓越したショッピングエクスペリエンスによる顧客満足度の確保

これらの高い目標を実現するためのツールとして、マイクロソフトではMicrosoft Dynamics 365 for Retail(以下Dynamics 365 for Retail)を提供しています。今回は、Dynamics 365 for Retailを導入した企業が、上記目標に対してどのようなメリットが得られるかについて解説します。

New call-to-action

ビジネスに関するインテリジェントなインサイトによる業務最適化

デジタルチャネルの増加およびSC(Supply Chain:サプライチェーン)の増加により、小売業者は極めて複雑な状況に立たされています。加えて、プロセスごとの租借によるミスやエラーが許容される余地は次第に少なくなっており、競合他社から一歩抜きん出たビジネスを展開するためには、如何に効率良く、正確に業務を実行するかが肝要です。

これに対し、小売業者にとって一番重要なポイントはSoR(System of Record:記録型システム)のさらにその先にある、ビジネスの成長を推進するSoI(System of Intelligence:インテリジェンス型システム)を構築することです。

SoRとは」について調べてみよう!

SoRの特徴

  • ビジネスプロセスごとに最適化されている
  • システムごとの統合はされる分断されている
  • 継続的に情報を記録するが、インサイト取得の自動化は無い
  • いわゆる従来の基幹システム(生産/販売/購買/在庫/会計/人事)

SoIの特徴

  • ビジネスプロセスを自動化するためにシステムの統合が図られている
  • データ視覚化ツールにより現時点での経営状況を把握できる
  • AIおよび機械学習によって自動的にインサイトを取得する
  • 予測分析機能によって将来的なビジネスシミュレーションが可能
  • IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と接続できる

Dynamics 365 for Retailによる解決

この目標を達成するために欠かせないポイントが次の2つです。

  1. 豊富な情報にもとづき、マーチャンダイジング(商品企画/販売企画)に関する意思決定を下し、トレンドを先取りする
  2. 在庫およびSCM(Supply Chain Management:サプライチェーン管理)を合理化する

Dynamics 365 for Retailを含むMicrosoft Dynamics 365はインテリジェントビジネスアプリケーションの集合体です。各アプリケーションはシームレスに連携しており、あらゆる場面からの情報収集が可能になっています。それによりクロスチャネルデータを自動的に集約し、ビジネスパフォーマンスに関する全体像を把握し、顧客需要のパターンまで把握できます。

消費者への製品提供に関しては、非効率性がコスト情報と売上低下を招く原因になります。製品の調達から生産、販売、再発注、補充のサイクルを通じて在庫とSCMを円滑に動かすことが大切です。Dynamics 365 for Retailは一元化されたコマースより、部品/原材料の仕入れから消費者への個々の出荷を監視し、小売業者における在庫とSCMの合理化をサポートします。

SCMとは」について調べてみよう!

社員のエンパワーメントによるビジネス拡大の実現

現代ビジネスにおける消費者は、製品を購入する前に広範囲にわたって製品情報の収集と比較を行っており、半数以上の消費者が店舗での購入前にWebサイトやモバイルアプリケーションの情報を参照しています。従って、消費者はしばしば販売担当者よりも製品について詳しいことがあります。それと同時に、店舗管理者は最新情報を把握するために、バックオフィスでより多くの報告を確認することになり、社員のトレーニングに費やせる時間が減少しています。

こうした状況で大切なポイントは、社員がお客様とのコミュニケーションや同僚とのコラボレーション(協力)の中で、製品やお客様に関する適切な情報に瞬時にアクセスできる環境を作ることです。

Dynamics 365 for Retailによる解決

この目標を達成するために欠かせないポイントが次の2つです。

  1. 社員のエンパワーメント(組織における力を付けること)による卓越したサービスの提供
  2. コラボレーションと情報共有の実現

消費者が情報通となった現代ビジネスにおいて、店舗やコンタクトセンターの社員は卓越したサービスを提供するために、製品に関する包括的な情報を求めています。Dynamics 365 for Retailは最新のPOS(Point of Sales:販売時点管理)ソリューションにより、販売担当者は製品/プロモーション/在庫状況/在庫店舗に関する情報を活用できるようになり、モバイルPOSにより店舗社員は売り場のどこにいてもお客様に対応できるようになります。

さらに、シフト/給与/レポート/注文/在庫などの情報は1つのシステムに一元化され、モバイルとソーシャルの連携インターフェースにより、社員は知識の共有や必要なリソースへのアクセスが容易にできるようになります。

[SMART_CONTENT]

卓越したショッピングエクスペリエンスによる顧客満足度の確保

現代ビジネスのデジタルネイティブな(デジタルと共に成長した)消費者には、かつてないほど多くのエンゲージメント(関係性を築く)方法が存在し、製品の調査や購入方法。購入後の情報教諭方法に大きな変化をもたらしています。

その中で、小売業者が消費者に卓越したショッピングエクスペリエンスを提供するためには、オムニチャネル管理を簡素化し、顧客満足度を向上させるために一元化されたコマースプラットフォームが必要になります。

Dynamics 365 for Retailもよる解決

小売業者はDynamics 365 for Retailにより次の4つの事項を実現できます。

  1. 円滑なオムニチャネルカスタマージャーニーの提供
  2. お客様の全体像情報の獲得
  3. パーソナライズされたエンゲージメント
  4. 店舗エクスペリエンスの充実化

Dynamics 365 for Retailは今すぐに利用できるオムニチャネルソリューションであり、インテリジェントな予測機能を備えています。これにより消費者ごとにパーソナライズされた製品のレコメンド(推奨)と、店舗エクスペリエンスの充実化を容易に実現します。システムの展開と統合が簡単なので、あらゆるシステムと繋がり小売業者が望むショッピングエクスペリエンスを手に入れることができます。

いかがでしょうか?ぜひ、Dynamics 365 for Retailの導入を検討し、小売業者にとって多くのメリットを手に入れていきましょう。

CTA

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

Dynamics 365ユーザーが運用で陥いるポイントと改善

ERP

Microsoft Dynamics 365 Business Central (旧 Dynamics NAV)とは?概要と機能について

ERP

プロセス製造にフィットするDynamics 365の活用

ERP

ERPアプリケーションDynamics 365とは? 導入メリットも紹介

小売業者の課題を解決するMicrosoft Dynamics 365 for Retailとは?

サイト掲載へのお問い合わせ