CRM Dynamics 365 vs Salesforce の製品徹底比較

 2021.10.08  BizApp チャンネル編集部

デジタルマーケティングが急速に普及しており、CRMを導入する企業が多くなっています。国内シェアも高いCRM Dynamics 365とSalesforceを比較検討する企業も多く、両者ツールの特徴や違いについて解説します。本記事ではメリットや価格形式、互換性や人気の理由などさまざまな角度から解説します。

CRM Dynamics 365 vs Salesforce の製品徹底比較

New call-to-action

CRM Dynamics 365と Salesforce 違いとは

世界的ビックベンダーが提供するCRM Dynamics 365とSalesforceの違いについて説明します。まずは、ユーザーが導入する際に検討されやすい項目である「メリット」と「長所」について解説します。

人工知能搭載の「育てるCRM」が真の顧客体験を実現する
間違いだらけのCRM 運⽤ ~CRM がうまく動かないのにはワケがある~

CRM Dynamics 365のメリット・長所

CRM Dynamics 365はMicrosoft社が提供するセールス・カスタマーサービスなど用途に合わせた活用が可能なクラウド型のCRMツールです。企業の課題にピンポイントで導入でき、課題解決を図ります。データ管理を一元化できるため社内でセキュリティ強化、迅速なデータ活用、マーケティング施策への応用などを戦略的に実現が可能です。

それでは、はじめにCRM Dynamics 365のメリットと長所について説明します。

UIデザインがWindowsユーザーになじみがある

企業がCRMツール導入を検討するにUIデザインは重要なポイントではないでしょうか。
CRM Dynamics 365はMicrosoft社が提供しており、WordやExcelなどOffice製品と同様のUIで直観的に操作が可能です。企業によって使いやすいUIデザインが異なるため、自社合ったUIデザインを検討しておきましょう。

CRM Dynamics 365はアップデートの際にデザイン変更が実装される場合があります。これまでオフィス製品を利用したユーザーも一度は経験したことがあるかもしれません。しかし、UIデザインが統一されているため、大きく操作性が妨げられることは少ないでしょう。

Windowsユーザーにとっては馴染みのあるUIデザインで利用できるため、他CRMツールより操作の習得が速いことが期待ができます。

価格がボリュームによって割引される

CRMツールを導入するにあたって、価格は多くの企業が検討する最大のポイントではないでしょうか。
CRM Dynamics 365では、価格がライセンス数によって変動します。ユーザー数を500名-999名で導入した場合、月額7,384で利用できます。ほかのOffice製品でもユーザー数に応じたボリュームディスカウントの印象がありますが、CRM Dynamics 365でも同様です。

Office製品と互換性が高い

CRMツールの導入を検討するにあたって他アプリケーションとの互換性も検討内容の1つではないでしょうか。CRM Dynamics 365では他CRMツールよりOffice製品との互換性が高い特徴があります。日頃からExcelやWordなどOffice製品を利用する企業にとってはCRM Dynamics 365の連携の強力さは大きなメリットでしょう。

営業管理やタスクをOutlookで確認したり、顧客データや見積書をエクセルに出力したりと現状のOffice製品をより快適に使いこなす環境を整備して生産性向上が期待できます。

Salesforceのメリット・長所

ここまで、Microsoft社が提供するCRM Dynamics 365について解説してきました。
本章では、世界シェアNo1を誇る営業支援システムであるSalesforceについて解説します。
AIによる見込み顧客の発見や、自動でシナリオメールを作成して送信する機能などマーケティング活動を効率化する機能が多数搭載されています。

また、売上データなど経営指標を可視化できるため、担当者だけでなく経営層にも選ばれる理由になります。それでは、Salesforceのメリットと長所について説明します。

ユーザーの利便性を追求したアップデートがある

UIデザイン視点で導入を検討する場合、Salesforceはデザイン変更が少ない傾向があります。CRM Dynamics 365では頻繁にUIデザインのアップデートがありますが、SalesforceではUIデザインの変更がほとんどありません。

更新が少ない分、馴染みのあるUIデザインで使い続けることができます。また、UIデザインの大幅なアップデートがあった場合、過去のデザインを復元する機能もあるためユーザーが使いやすいUIデザインで操作することができます。

価格が一定価格で分かりやすい

Salesforceでは一定価格で1名あたり月額1万8000円で提供されます。
この価格はCRM Dynamics 365と同じ性能を搭載する場合の価格であり、必要な機能によって金額も変化します。Salesforceでは独自にカスタマイズした機能を追加できるため、自社課題に適した機能・プランを柔軟に選択して導入が可能です。

スタータープランは、5名のユーザーまで月額3,000円から導入が可能です。

API拡張が可能でありさまざまなツールと連携可能

Salesforceでは強力なAPI拡張機能が搭載されており、自社で利用しているツールやソフトウェアと連携してさまざまな機能拡張が可能です。やはり、Office製品との互換性はCRM Dynamics 365と比較すると見劣りしますが、拡張できるツール数はSalesforceが多く、導入ツールが多い企業にとっては大きなメリットとなるでしょう。

まとめ

本記事では、CRM Dynamics 365とSalesforceについてさまざまな観点から比較してきました。
CRM Dynamics 365では既存のOffice製品と互換性が高く、スモールスタートでCRMツールの導入が可能です。

Salesforceでは、世界で最も導入数の多い営業支援システムであり、CRMの範囲を超えて営業支援、経営指標の可視化なども可能です。担当者だけでなく経営層にも好まれるツールです。

まずは導入前にデモトライアルを実施することで、利用イメージがつきやすくなるでしょう。自社課題に合ったCRMツールを導入することで、デジタルマーケティングへの活用や生産性向上を実現しましょう。

CTA

RECENT POST「CRM/SFA」の最新記事


CRM/SFA

DynamicsとSalesforceの違い

CRM/SFA

CRMとは結局なんなのか?その基本機能を用語とともに解説

CRM/SFA

crm/sfaとは?ツール導入のメリットや活用事例を解説

CRM/SFA

Dynamics CRM/SFAの活用方法とは?営業課題を解決する機能を紹介

CRM Dynamics 365 vs Salesforce の製品徹底比較

サイト掲載へのお問い合わせ