オススメのSFA(営業支援システム)人気製品|価格・機能・特徴をご紹介

 2019.05.10  Dynamics 365編集部

SFA(Sales Force Automation)は今や、営業活動の効率化だけではなく、顧客情報を収集・管理し次のビジネスへ活かすために欠かせないシステムです。しかしながら、SFAの導入によってその効果を最大限引き出すことができるのは、自社環境にとって最適な製品を選択し、最適な利用方法を行なっている企業だけでしょう。

本稿では、オススメのSFA人気ランキングとして、各製品の価格・機能・特徴をご紹介します。

オススメのSFA人気ランキング

1.Microsoft Dynamics 365 for Sales

Microsoftが提供するSFA、それがDynamics 365 for Salesです。このSFAはクラウドビジネス管理ソフトウェアであるDynamics 365に組み込まれており、統合的なビジネスアプリケーションとして導入することもできますし、Dynamics 365 for Salesだけで導入することもできます。

Dynamics 365 for Salesの特徴は同じMicrosoft製品との連携です。ExcelやPowerPoint、Outlookといったビジネスパーソンが普段から使い慣れているツールとシームレスに連携することで、営業担当者の生産性を大幅に拡大できます。さらに、Microsoft Power Platformなどとの連携も密になされているため、環境ごとに違ったSFAやデータ基盤を構築できるのも大きなメリットです。

Microsoft製品だけあってかなり手厚いサポート対応も用意されているので、初めてSFAを導入する場合も安心です。

Microsoft Dynamics 365 for Salesの価格(1ユーザー/月額)>

  • Professionalプラン 7,070円
  • Enterpriseプラン 10,330円
  • Customer Engagementプラン 12,510円
  • Relationship Salesプラン 14,133円

https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/sales/overview/

2.e-セールスマネージャー Remix Cloud

国内SFA市場において高いシェアを誇るのがe-セールスマネージャーRemix Cloudです。SFAとして搭載されている機能は一般的なものですが、顧客管理や名刺管理といった機能を統合的に備えているのが強みとなります。

それに加え、アナリティクスやワークフロー機能もオプションとして追加することができるため、必要に応じたカスタマイズが可能になっています。

<e-セールスマネージャー Remix Cloudの価格(1ユーザー/月額)>

  • スタンダードプラン 6,000円~
  • ナレッジシェアプラン 2,000円~
  • スケジュールシェアプラン 1,000円~

基幹システムに関するお役立ち資料

https://www.e-sales.jp/

3.Salesforce Sales Cloud

世界でトップシェアを誇るのがSalesforce Sales Cloudであり、国内でも高いシェアを保っています。Salesforce Sales Cloudでは近年AI(人工知能)を搭載し、その機能を強化しています。受注した案件と失注した案件の違いを見分けて、商談に繋がりそうなリードに優先順位をつけ、営業担当者が次に取るべきアクションを教えてくれます(別オプション)。

高度な分析機能によって売上予測を行ったり、シミュレーションを行うことで営業活動を部全体で戦略的に推し進めることができます。

<Salesforce Sales Cloudの価格(1ユーザー/月額)>

  • Salesforce Essentialsプラン 3,000円
  • Lightning Professionalプラン 9,000円
  • Lightning Enterpriseプラン 18,000円
  • Lightning Unlimitedプラン 36,000円

https://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/

4.Oracle Sales Cloud

Oracleが提供するSFAであり、Oracleが運用する堅牢なデータセンターを利用できるため、セキュリティ性に定評があります。ユーザーインターフェースが整っており、デザインが機能的という点が使いやすさを向上しています。

また、Microsoft製品との連携もでき、分析やレポーティング機能が多彩なことから営業におけるデータ活用を促進できます。

<Oracle Sales Cloudの価格(1ユーザー/月額)>

  • Professional Edition  $65
  • Standard Edition  $100
  • Enterprise Edition  $200
  • Industry Edition $300

https://www.oracle.com/jp/products/applications/crmondemand/index.html

5.ZOHO CRM

ZOHO CRMは多言語対応しており、グローバル企業でも活用されているSFAです。メール、電話、ソーシャルメディア、チャット、訪問などのマルチチャネルに対応しており、一貫したエクスペリエンスで営業活動を行うことができます。

また、外部連携機能が多いことで企業ごとに最適なSAF環境を構築できるのもメリットの1つです。

<ZOHO CRMの価格(1ユーザー/月額)>

  • スタンダードプラン 1,440円
  • プロフェッショナルプラン 2,400円
  • エンタープライズプラン 4,200円

https://www.zoho.com/jp/crm/

[SMART_CONTENT]

正しいSFAの選び方とは?

前述のように、SFA導入によってその効果を最大限引き出すためには、自社に最適な製品を選ぶことがとても大切です。ここでは、そのために意識していただきたい正しいSFAの選び方についてご紹介します。

まず、SFAは営業効率を向上させるためだけのシステムではなく、営業活動を通じて取得した顧客情報などを他の分野で活かすためにも必要なものです。従って、Web上での日報作業をサポートするとか、営業活動効率化だけに着目したSFAはオススメしません。本稿でご紹介したSFAの中には高度なデータ分析機能やAI等が搭載されているものもありますので、営業効率向上だけでなく情報活用まで行える製品ばかりです。

では、その中で何に着目して正しいSFAを選べてよいのか?重視していただきたいものの一つが「使いやすさ」です。SFAによって営業活動が効率化されるとは言っても、SFAを使用する営業担当者はデータ入力の負担が多くなります。

もちろんそれでも営業活動効率化の効果の方がはるかに大きいのですが、実際にシステムを使用する営業担当者には少なからずストレスがかかります。これを極力軽減するためにも、営業担当者にとって使いやすいSFAを選ぶことがとても大切です。

たとえばMicrosoft Dynamics 365 for SalesはMicrosoft製品ということもあり、ビジネスパーソンに使い慣れたMicrosoft Office同様のインターフェースを提供しています。使いやすさを重視した営業担当者のストレスを減らすことで、より現場に定着しやすいSFAを導入できるでしょう。

企業ごとに独自の要件を設けて、正しいSFA選びを行い、導入効果を最大限引き出せるSFA環境を目指しましょう!

※ 今回ご紹介した価格などの製品情報は、各社の公開情報を元に記載させていただきました。最近データは各社のホームページをご確認ください。

[RELATED_POSTS]

Microsoft Dynamics 365で生産性の概念を再構築する

RELATED POST関連記事


RECENT POST「CRM」の最新記事


オススメのSFA(営業支援システム)人気製品|価格・機能・特徴をご紹介
新規CTA
無料Eブックをダウンロード

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング

RANKINGパートナー資料ランキング

TOPIC トピック一覧