財務・経理部を支援するDynamics 365 Finance(ファイナンス)とは?

 2021.09.30  BizApp チャンネル編集部

企業の財務会計をサポートするソリューションとして、安定したサービスを提供するソフトウェアがDynamics 365 Financeです。導入している企業も多いかと思いますが、詳しい機能がわからないIT担当者も多いのではないでしょうか。今回は、Dynamics 365 Financeについて解説していきます。

財務・経理部を支援するDynamics 365 Finance(ファイナンス)とは?

新規CTA

財務会計を担うDynamics 365 Financeの基本

Dynamics 365 Financeは、企業の財務会計を管理するためのソリューションです。Microsoftが提供するサービスで、顧客管理である「CRM」と基幹業務である「ERP」を実現する複数のソリューションを提供するDynamics 365に付属する機能の1つでもあります。

このサービスにはCRM領域とERP領域のツールがあり、Dynamics 365 FinanceはERP領域の財務会計を管理します。このツールでは他の基幹業務と連携して、クラウド上で以下のような会計処理の管理が可能です。

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 一般会計
  • プロジェクト会計
  • 固定資産
  • 経費精算
  • 管理会計

Dynamics 365 Financeの利点は、ERPとCRMで管理された各情報を統合的に管理できる点です。つまり、1つのソリューションで現状を把握して、マーケティング戦略やサプライチェーンマネジメントを構築できるわけです。

また、Dynamics 365 Financeは、以前まで「Dynamics 365 for Finance and Operation」と呼ばれていました。当時はサプライチェーンなどの機能も含まれていましたが、現在はサプライチェーンが別機能となっています。領域を分けたことで、それぞれの業務領域がよりわかりやすくなったと言えるでしょう。

Dynamics 365 Finance, Supply Chain Management クイック導入プラン
スマートフィールドサービス

Dynamics 365 Financeでできること

では、実際にDynamics 365 Financeを利用してどのようなことが可能になるのでしょうか。ここでは4つのメリットについて解説していきます。

財務上の意思決定を支援

Microsoft社のサービスであるDynamics 365 Financeは、他のソリューションとの連携が可能です。たとえば、Power BIと連携すると、財務データからレポートを作成できます。通常であればレポート作成には時間がかかりますが、連携によって簡単にレポート作成ができるため業務の削減につながります。手軽に経営状態の見える化を図れるので、財務分析や予算編成の時間短縮にも寄与します。さらにこうした機能をうまく活用すれば、トレンドの予測や顧客の支払い意思や時期の把握も可能です。

また、キャッシュフロー予測として以下のような機能が利用可能です。

  • 外部データのインポート、エクスポート
  • フレームワークの使用によるExcel ODataとの統合
  • AIによるキャッシュフロー予測
  • 予測と実データの比較・測定
  • 複数のキャッシュフロー予測の作成と比較表示

ビジネス プロセスの自動化

財務会計では、同じ処理を何度も行います。そこでDynamics 365 Financeでは、こうした処理を自動化する機能をいくつか設けています。まずプロセスの自動化で利用できるのが、仕入れ先に対する請求書処理です。この機能は支払いの回収を促進するでしょう。他にも、以下のタスクが利用できます。

  • 請求書のインポート後、ワークフローシステムに自動送信
  • 製品受領書と保留している仕入れ先請求書の明細行を照合
  • 仕入れ先請求書の転記シミュレート
  • ワークフローと自動化履歴の表示
  • 自動処理の結果表示・分析
  • 複数の請求書の自動処理の再開

さらに顧客支払い予測プロセスを自動化するための機能が付いています。これは機械学習を利用して、遅延確率の高いユーザーを割り出す機能で、遅延が発生する可能性のある顧客を判別して回収予測の正確性を高めます。

また、Dynamics 365 Financeは、他のソリューションとのデータ統合や出力が可能です。Excelにデータ出力して情報を一元化できます。異なる部門間のデータを統一できるため、経営戦略の意思決定にも役立てられるでしょう。

コストの削減

財務会計を効率的に管理することで、社員の生産性が向上してコスト削減を目指せます。前述したようにDynamics 365 Financeでは、財務データのみならず部門間のデータを一元的に管理でき、製品品目や新しい子会社を素早く追加・展開も容易です。

これによりコスト管理が簡単になり、財務諸表の計算精度が向上します。さらにシステムの拡張性が高いため、事業の変化に合わせることが可能です。そのため、運用コストも低減されるでしょう。

グローバル金融のリスク軽減

日本国内だけではなく、世界中にグローバル展開する企業では、財務会計の機能もその国の通貨や法令に倣ったものにしなければいけません。しかし、日本企業が利用しているサービスと異なるものを利用すると、データの共有などで問題が発生します。そこでDynamics 365 Financeでは、こうした問題が起きないようにグローバル化されたシステムを提供しています。

たとえば、国家間での請求が簡単に行えるように電子請求書の利用が可能です。電子請求書を利用すれば、国や地域固有の税制など、要件に準拠した請求書を迅速に提供します。さらに、ビジネスドキュメントにOffice 365のテンプレートを使用できるため、カスタマイズのために費用や時間をかける必要もありません。

また、現地の税法に対応できるように、税計算システムが利用可能です。このシステムでは、以下のような機能が使用できます。

  • 消費税、品目消費税、税コードの自動決定
  • 複数の税登録番号の使用と、取引に合った税登録番号の自動決定
  • 移動オーダーの税金決定・転記・計画・決済サポート
  • 特定条件に対しての税計算や条件の定義
  • 管理作業の保存とエラー回避
  • 顧客・仕入れ先の税登録番号決定のサポート
  • リストコード決定のサポート
  • 税務署レベルでの税計算サポート

その他、Dynamics 365 Financeでは、各国や地域の言語やガバナンスに対応しており、企業コンプライアンスの維持が可能です。たとえ国の規制要件が変化しても、常に新しい規制に対応するため企業側が苦慮する必要はありません。

まとめ

Dynamics 365 Financeは、財務会計ソリューションの枠を超えて、CRM・ERPと連携できるとても便利なシステムです、会計処理を効率化できるだけでなく、企業の意思決定の迅速化にも寄与するでしょう。
また、グローバル展開する企業では、税制や法令対応に苦慮することもあるかと思います。しかし、Dynamics 365 Financでは、各国・地域の税制や法令に対応しているため、企業独自でシステムを構築する必要がありません。
Microsoft社のアプリケーションということで、Officeなど関連製品と併用できるのも企業にとってはありがたいと言えます。

CTA

RECENT POST「経営/グローバル」の最新記事


経営/グローバル

小売業者の課題を解決するMicrosoft Dynamics 365 for Retailとは?

経営/グローバル

マイクロソフトのクラウドERPが7610円から!?何ができるの?

経営/グローバル

Dynamics AXをDynamics 365へ移行するべき理由

経営/グローバル

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operationsとは?特徴や機能について解説

財務・経理部を支援するDynamics 365 Finance(ファイナンス)とは?

サイト掲載へのお問い合わせ