【2022最新版!】経営戦略とは?できる経営者が行っている経営戦略の策定方法

 2022.06.27  BizApp チャンネル編集部

経営戦略とは、企業が経営をスムーズに行っていくうえで必要不可欠になるものです。この内容次第で、社員それぞれが実践すべきことは変わっていき、利益にも変化がもたらされていきます。

そのため、利益向上に還元するためには、より質の高い経営戦略を考える必要があります。しかし経営者として、良質な経営戦略とは…?と迷ってしまうことは少なくないでしょう。

そこで今回は、経営戦略とは何かをチェックしたうえで、経営スキルの高い経営者が実践している戦略の内容、その策定方法を整理していきます。

【2022最新版!】経営戦略とは?できる経営者が行っている経営戦略の策定方法

New call-to-action

経営戦略とは一体どんなこと?

はじめに理解しておきたいこととして、経営戦略とは何なのかを詳しく掘り下げていきましょう。

経営戦略が指していること

一般的に、経営戦略とは、企業が事業を効率的に進めていくうえで基盤となる方針や戦略のことを指します。経営目的をより効率的に達成するには何らかの指針や方針、戦略が必要になるため、そのために経営戦略は策定されます。

何事も、具体的なプランや戦略がなければ、効率的に活動できません。行き当たりばったりで無計画な活動ばかりになると、非効率的な状況ばかりが生まれるようになり、目的や目標はなかなか達成されなくなります。企業の場合、戦略なしでは売上も向上しづらくなりますし、それどころか落ち込むことも考えられるでしょう。

そのため、企業を一つの組織として成り立たせ、効率的に利益を生み出していくためには、基本的に経営戦略は必要不可欠なものとなります。

「経営戦略」と「経営戦術」の違い

続いて、混同されやすい「経営戦術」との違いも見ていきましょう。

経営戦略とは、経営において目指しているゴール(目標・目的)を果たすために策定する行動指針や方向性、具体的なプランのことを指します。

これに対して経営戦術とは、企業が掲げる具体的な方針・戦略を実現していくために実践される施策のことになります。つまり経営戦術は、経営戦略のもとに存在する概念であり、戦略なしでは戦術も決められないことが分かります。

「経営戦略」と「経営計画」の違い

ほかにも類似する用語はあり、経営計画という言葉も経営戦略とは混同されやすい傾向にあります。

経営計画とは、目標を達成するうえで、決まった方針に則って決めた行動計画やスケジュールになります。この経営計画の中には、事業を進めていくうえでのスケールの大きい経営戦略から、具体的な細かい数値の目標まで幅広く含まれるのが特徴です。

経営戦略を策定する目的とは?

では、企業はなぜ経営戦略を練る必要があるのでしょうか。経営戦略を決める目的や経営戦略の意義・役割について、さらに具体的なポイントを整理していきましょう。

企業は、自社が企業という一つの組織として、どのようなことができるのかを適切に把握する必要があります。それが効率的に利益を生み出していくための重要なポイントです。

そのためには、市場や競合他社の状況をチェックし、自社が持つ強みを知ることも必要になります。何が求められていて、その中で何ができて、逆に何ができないのか、そしてできることを効率的に実現していくには何が必要なのかを明らかにしていきます。

このような分析をもとに経営戦略を策定すれば、実行すべき行動計画がスムーズに決まってきます。方向性からズレないかたちで、一貫した経営をすることにつながるでしょう。

経営戦略を策定するための3つの段階

ではここからは、経営戦略をスムーズに策定するためのポイントを、3つの段階に分けてご紹介します。まず、3つの段階は次のとおりです。

  • 企業戦略:企業としてどこを目指すのか
  • 事業戦略:どのような路線で事業を進めていくのか
  • 機能別戦略:組織の中でどのように割り振りをするのか

このように3つの段階に分けて戦略を練っていくのが効果的です。では、それぞれの重要な点を解説していきます。

企業戦略:企業としてどこを目指すのか

企業戦略は、より長期的な経営戦略を示しています。

まずは、経営において目指したい方向性やビジョンをもとに、企業としてのあり方を考えていきましょう。一つの企業としてどうありたいのか、どこを目指すのかを策定する必要があります。あわせて、理念や事業の基本構成を考えることも重要です。理念、ビジョン、あり方、事業の基本構成をもとに、事業戦略を練っていく流れになります。

事業戦略:どのような路線で事業を進めていくのか

続いて、企業戦略で定めた理念やビジョンに則って事業戦略を策定していきます。これは、どのような路線で事業を進めていくのかを決める段階になります。

ここでは、各事業の領域やリソース配分などを分かりやすく決めていくのが特徴です。各事業のスケールはそれぞれ異なるため、市場分析や競合調査、ニーズのリサーチなどを重ねて慎重に決めていくことが重要になります。

機能別戦略:組織の中でどのように割り振りをするのか

最後の段階は、機能別戦略です。この段階では、組織内においてどのように仕事・業務の割り振りをしていくのかを決めていきます。機能別戦略は、いわば効率的に仕事を進めるための組織最適化の行程と言えるでしょう。

各事業を進めるために必要な部門、必要な取り組みや施策を設定し、割り振りを行っていきます。これは、ここまでの戦略策定の行程において決めてきたことを、実際に実現するための具体的な戦略に該当します。したがって、細かいところまで具体的に決める必要があり、最適化のために多くの時間をかけるポイントとも言えるでしょう。

経営戦略の策定方法

最後に、経営戦略を策定するために必要となることを解説します。主な策定方法のポイントは次のとおりです。

  • 自社に関わる環境の現状を分析
  • 目指すべきところの設定
  • 方針、戦略の明確化と周知

このような策定方法を意識したうえで経営戦略を練っていくと、企業理念に則った戦略が成り立ち、地に足のついた経営活動が実現します。では、それぞれの詳細を整理していきましょう。

自社に関わる環境の現状を分析

経営戦略を策定するには、まず現状の正確な把握が必要になります。

自社が抱える課題や問題を洗い出したり、取り巻いている環境の特徴などを整理したりすれば、困っていることや解決すべきことが見えてきます。また、それに伴って自社が実践可能なことも分かってくるでしょう。

目指すべきところの設定

企業としてどこを目指すのか、何をゴールにするのか、目指すところを的確に設定することも重要です。

舵取りのベクトルやゴールを明確に定めていないと、経営には一貫性がなくなり、事業の方向性を見失うことは少なくありません。掲げている方針やビジョンから逸脱していないかをチェックしたうえで決めることも重要です。

方針、戦略の明確化と周知

経営方針やビジョン、戦略の内容は、経営陣や一部の社員しか知らないのでは意味をなしません。方針・戦略は明確化し、全社員に周知することが大切です。

企業に所属する社員である以上、社員の中に方針・戦略に無関係な人はいません。社員にまでしっかりと浸透させるために、業務を進める中で、普段から方針の内容を意識できる仕組みづくりをすることが大切です。

経営戦略の実行を強固にする3つのポイント

経営戦略の実行を強固にするためには、いくつかのポイントがありますので、ご紹介します。主に重要なポイントは次のとおりです。

  • 社内全体で戦略内容と重要性を理解してもらう
  • 企業から現場までの戦略を連携させる
  • チェックポイントを設けてPDCAを回す

では、それぞれの詳細を整理していきます。

社内全体で戦略内容と重要性を理解してもらう

経営戦略を実行しやすくするには、社内全体で戦略内容について理解を深めること、実行していく重要性を知ることが大切です。

そのため全従業員に対して、まずは経営戦略の周知を行いましょう。部門単位などで、必要に応じて周知のためのセミナー・研修の時間を設けることも考えていくべきです。その際には、なぜ経営戦略が必要なのか、実行することで自分達とお客様にどのようなベネフィットがあるのかを分かりやすく伝えることも重要になります。

企業から現場までの戦略を連携させる

企業全体としての戦略と、それぞれの現場の戦略に乖離がないように意識することも大事です。

そのため企業戦略を策定したうえで事業戦略を練り、最終的に機能別戦略を決めるといったプロセスについてはあらためて重要性を意識する必要があります。企業戦略・事業戦略を各部門でどのように実践していくのが効果的なのか考えたうえで、連携性を高めましょう。

チェックポイントを設けてPDCAを回す

経営戦略の実行は、策定時に想定通りにいかないことも多いです。そのため戦略を机上の空論・絵に描いた餅にしないためには、こまめにチェックポイントを儲けてPDCAサイクルを回していく必要があります。

例えばスケジュールによって節目を設けたうえで、定量指標を交えたフィードバックを行っていくと効果的です。

まとめ

経営戦略とは、企業経営において必要不可欠なものであり、事業を効率的に進めるためには良質かつ深みのあるものを策定していく必要があります。そのためには企業戦略、事業戦略、機能別戦略の3つのフェーズを意識し、組織のあり方を最適化していくことが大切です。

したがって戦略策定のためのミーティング、市場分析、競合調査、自社が抱える課題の洗い出しなどの行程には、必要に応じてITソリューションを活用することも検討していきましょう。経営戦略策定のためには、ITソリューションによる素早い分析や課題の洗い出しなどが重要な役割を果たします。

[Power Platform]Excel帳票作成ツール

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

プロジェクト会計は一般の会計と何が違う?

ERP

Dynamics 365とは? Office 365と連携して業務効率化!

ERP

ERPとCRMの違いは何? 両者を連携すべき理由とは

ERP

予実管理とは?

【2022最新版!】経営戦略とは?できる経営者が行っている経営戦略の策定方法
ERP導入で失敗する8つの理由と回避策
ブログ購読のお申込み
New call-to-action
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

RANKINGパートナー資料ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ