Microsoft Dynamics 365 Financeとは?機能やメリットを解説!

 2021.10.29  BizApp チャンネル編集部

財務会計処理は煩雑な作業が多く、効率が悪くなりがちな部門です。また、管理方法によっては財務状況が分かりづらく、意思決定に利用しづらいという問題もあります。
そこでこのような問題を解決するツール「Dynamics 365 Finance」について詳しく解説していきます。

Microsoft Dynamics 365 Financeとは?機能やメリットを解説!

Microsoft PowerApps はじめてのアプリ開発

Microsoft Dynamics 365 Financeとは

Microsoft Dynamics 365 Financeとは、マイクロソフト社が提供する会計システムです。まず基本的なツールとして、一般的な会計処理機能が利用可能です。「現金処理」「銀行管理」「税」「帳簿管理」「請求書処理」など、通常の財務会計で使用する機能がツール化されています。
そして、通常の会計ソフトとは違い、財務状況の自動化・分析機能が付属しています。入力されたデータはリアルタイムで管理されており、キャッシュフローの改善や未来予測などに利用されます。ビジネストレンドと分析したデータに沿った予測・分析を促してくれるので、経営者はそれを元に意思決定に繋げることが可能です。
さらに財務会計処理に纏わる多くの反復処理、煩雑作業を自動化します。これまで多くのリソースを費やしていた作業が自動化することで、作業者の効率アップに寄与します。また、他の会計ソフトと違い、Dynamics 365と連携しています。Dynamics 365のデータと会計データが統一されるため、企業状況の分析能力がより向上します。部門間でもプラットフォームが統一されるため、データのやり取りがスムーズになるというメリットもあるのです。

Dynamics 365とは

Dynamics 365とは、Financeを含む多くのツールが利用できる複合型のビジネスソリューションです。主に「マーケティング」「営業」「顧客サービス」「フィールドサービス」の4つの部門を統一しており、以下のような機能をそれぞれ備え付けています。

マーケティング

  • 顧客DB構築
  • 見込み客管理
  • 名寄せ
  • キャンペーン実施

営業

  • 営業計画立案
  • 顧客管理
  • 商談管理
  • 活動管理

顧客サービス

  • コールセンター
  • 問い合わせ管理
  • フィールドサービス管理
  • 分析

フィールドサービス

  • 作業指示管理
  • リソース管理
  • 顧客資産管理
  • サービス契約管理

このように多くの機能を備え付けているため、部門ごとに活用できるわけです。全てのデータは統一されており、異なる部門間でも簡単にデータの参照や使用ができます。また、企業の観点から見ると「CRM」「SFA」「マーケティング」「物流」と複数の領域に跨がっているため、経営者の意思決定にも寄与するツールと言えます。さまざまな機能の中には前述したFinanceも含まれており、会計データと顧客データを連携できるのも大きな強みです。

Dynamics 365 Finance, Supply Chain Management クイック導入プラン
スマートフィールドサービス

Microsoft Dynamics 365 Financeの機能・特徴

Microsoft Dynamics 365 Financeの機能と特徴について解説します。

機械学習機能による予測と提案

Dynamics 365 Financeでは機械学習機能を備え付けており、これまで入力したデータから新しい提案をしてくれます。たとえば、キャッシュフローを常に監視しており、未来のトレンドを予測します。これにより経営者は、データに基づいたトレンド予測が可能になるわけです。
さらにこれまでの請求情報から顧客の支払う意思や時期を判断して、前持った損金の削減を行えます。また、さまざまな履歴データから分析を行い、適切な予算提案がされます。予算の編成には大きな時間がかかることも多く、経営者にとってはとても便利な機能です。

会計処理の自動化とデータの統一

会見処理の効率を上げるために、プロセスの自動化を行うことが可能です。Dynamics 365 Financeで行えるのは、仕入れ先請求書のワークフローや回収プロセスの自動化などです。仕入れ先請求書の自動化では、ワークフローへ自動でデータを送信して領収書と照合したり、転記処理を自動で行ったりできます。
一方、回収プロセスの自動化では、未払いなどにより回収活動が発生する顧客を自動で識別して効果的な方法を促します。こうした一連の自動化機能により作業の処理効率が上がるため、財務担当の生産性向上が期待できます。
また、Financeは、Microsoft 365やDynamics 365と連携して、データを共有します。そのため、他部門のデータを財務会計で役立てたり、会計データによる分析を他部門で活用したりすることが可能です。

繰り返し作業の効率化

財務処理全体がシームレスに連携しているため、生産性向上とそれに伴うコスト削減をもたらします。特に財務会計では、同じ処理を行うことが多く、登録・確認作業に多くの時間が費やされています。たとえば、製品品目の追加や新しく設立した小会社の登録などの作業では、既存データをコピーすることで瞬時にプラットフォームへ反映が可能です。
また、請求書の作成では、テンプレート登録ができるので1から作業する必要がありません。定期請求自体も自動化されているため、請求書に関する作業は効率的に処理できます。

グローバル金融との素早い連携

グローバル金融との連携では、海外の法律やルールに則った税法、勘定科目の使用が必須です。海外では情勢によって法律が変わることも多いため、常に迅速な対応をしなくてはいけません。
Financeではこうした問題に対処するため、リアルタイムで海外の規制やルールに対応できるようになっています。さらに43の国と地域、48の言語に対応しており、海外支社へのコンプライアンス対応も問題ありません。また、日本と海外では、書類の形式が異なるため入力に戸惑うことが多くあります。しかし、海外向けのビジネスドキュメントは、Microsoft 365をベースに作成が可能となっており、テンプレート化して利用ができます。

Microsoft Dynamics 365 Finance導入の利点

Microsoft Dynamics 365 Finance導入することにより、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

企業の成長促進

Dynamics 365 Financeの利点の1つは、高度な分析機能です。機械学習、AI、予測分析により、経営者はデータから得たエビデンスを元に意思決定を可能にできます。特にこうした機能は、データを入力すればするほどノウハウが蓄積するため、精度が上がってキャッシュフローの改善が期待できるのです。
また、Microsoft 365、Dynamics 365、Financeのデータは統合されており、分析に必要なデータを取り入れて情報を提供してくれます。ビジネストレンドにも対応していて、データに基づいた予測をAIが可能にします。
その他にもレポート機能が充実しており、何百ものレポートを利用できます。ビジネスプロセスを詳細化したものから、グローバル用にカスタマイズしたものなど、その内容は多種多様です。こうした複数の機能により、経営者はデータ予測を元に企業促進のための計画を練ることが可能です。

財務会計の生産性向上

財務会計にまつわる煩雑な業務も、自動化機能やプロセスの簡素化により効率的に作業が可能です。請求書や経理管理、勘定科目の共有、外部データの承認など、多くのプロセスが自動化・簡素化されています。通常の会計ツールと違い、自動化・簡素化機能があることで利用者の業務スピード向上が期待できます。
また、Dynamics 365 Financeには、セキュリティの高いモバイルアプリケーションが利用できます。このアプリは接続のない環境でも使用できるため、外出先でも素早く業務に対応できます。財務処理は社内で行うイメージを持つ方もいるかと思いますが、出先で操作できることで業務の幅も広がります。

まとめ

Microsoft Dynamics 365 Financeは、通常の会計システムに加えて、機械学習やAIを用いた分析機能が備えつけられています。これまで入力したデータから未来のデータを予測して、キャッシュフローの改善に導きます。
さらにMicrosoft 365やDynamics 365とデータ連携が可能です。特にDynamics 365には、幅広い部門間とデータが統一されているため多くの分析やレポートに各部門間のデータが活用されます。
また、会計の煩雑的な処理も、自動化・簡素化されているため、従業員は効率よく作業が可能です。これらの機能により企業の成長促進や生産性の向上が期待できるでしょう。

CTA

RECENT POST「開発」の最新記事


開発

財務会計とは?管理会計の違いや目的について解説

開発

財務・経理部を支援するDynamics 365 Finance(ファイナンス)とは?

開発

会計システム導入のメリットと選定ポイント

開発

財務ソリューションDynamics 365 Financeとは?

Microsoft Dynamics 365 Financeとは?機能やメリットを解説!

サイト掲載へのお問い合わせ