グローバルなサプライチェーン管理に役立つ!Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementとは?

 2021.05.28  BizApp チャンネル編集部

サプライチェーンマネージメントによる「無駄なコストの削減」「利益の向上」「新戦略の創出」の実現は容易ではなく、期待した効果を上げられていない企業も多くあります。
そこでSCMに効果的なツール、Microsoftの「Dynamics 365 Supply Chain Management」について解説します。

グローバルなサプライチェーン管理に役立つ!Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementとは?

New call-to-action

Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementとは?

Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementとは、名前の通りサプライチェーンマネージメント(SCM)を行うためのソリューションです。一般的に言われる「原材料調達・生産・物流・販売」といったサプライチェーンや消費者からの情報を一元的に管理し、資材調達・生産管理などを最適化します。

クラウドベースなので、インターネット環境があればいつでも使用できるのが利点す。PC以外の端末でも使えるため、工場などの生産現場からでも自由にアクセス可能です。

付属機能は、サプライチェーンの管理、WMS、KPI・サプライチェーン分析のインジケーター表示など幅広く、リードタイムの短縮やMRP最適化が期待できるほか、ディストリビューターや小売業者、メーカーまで幅広い業種で利用可能です。

ERPとは

Dynamics 365 Supply Chain Managementは、Dynamics 365 Financeと併用することでERPとして活用できます。ERP(Enterprise Resources Planning)とは「企業資源計画」の略で、企業の資源である「人、物、金、情報」を一元的に管理して活用するためのツールです。企業内のさまざまな業務や部門にあるデータをまとめて利用でき、業務効率の向上や企業の迅速な経営判断に役立ちます。

Dynamics 365 SCMとFinanceの2つのシステムでは、前述したSCMの機能に加えて、会計部門が追加されています。これにより販売/売掛金管理、サプライチェーン・販購買管理などを一つのソフトウェア上で処理できます。

Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementの主な機能

Dynamics 365 SCMには、「サプライチェーン最適化」「需要改善」「リードタイム短縮」を実現するために以下のような多くの機能が付属されています。

サプライチェーン関連ツール

Business Central導入スタンダードパック
  Help Last saved on June 15, 2021 [LP][SYSCOM]Dynamics 365 Finance and SCMアップグレード最適化ソリューション(SYSCOM Upgrade Optimizer)
  • 在庫状態のリアルタイム把握
  • コスト・利益のリアルタイム分析
  • 供給に対する冗長性の構築
  • テンプレートによる陸揚げ原価の簡素化
  • 倉庫業務の自動化

需要改善の機能

  • AIによる需要予測
  • 生産と流通のリアルタイム計画
  • リソース割り当ての自動化・合理化

リードタイム短縮機能

  • グローバル拠点や子会社の製品情報の集中管理
  • 顧客による注文のカスタマイズ機能
  • 製品改訂の一元管理

そのほかにも、「製造オペレーション」や「資産のアップタイムを最大化するための機能」など、さまざまな業種で利用できるツールが用意されています。

Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementの特徴

ここからは、Dynamics 365 SCMの特徴について解説します。

シンプルな操作性

業務用ソフトウェアでは、「付属機能が多いことで、操作性が損なわれやすい」という問題もあります。使用したい機能がどこにあるのかがわかりづらくなり、操作全般に慣れるまでにも時間がかかるからです。

その点、Dynamics 365 SCMでは、ユーザーが利用しやすいような機能やわかりやすいUIが用意されています。例えば作業画面は、ワークスペースと呼ばれる単一画面で構成されており、表示内容のカスタマイズも可能です。

また、タスクレコード機能も付属しています。これは、マクロのように、システム操作を記録できる機能です。何度も繰り返す操作を記録してサーバー上に保管しておけば、それをチームで共有可能。そうして記録した工程はさらに、スクリーンショット付きでWord型式で出力できるため、運用マニュアルまで簡単に作成できます。

グローバル対応

日本と海外では通貨や言語の違いがあるため、柔軟な連携が難しいという問題があります。このような問題に対応するため、Dynamics 365 SCMではグローバル対応の機能も付属しています。

これにより、業務の異なる海外支社やグループ子会社の事業部門など、関係する企業を1つの画面上で運用できます。

例えば、原価会計元帳はグローバルで管理できるようになっており、どんなに離れた場所でも通貨単位が異なっていても、コストと利益をリアルタイムに分析可能。さらに、クラウドが利用不能な遠隔地でも、ビジネスの生産性を保つ機能まで付属しています。

Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementの導入メリット

ここでは、Dynamics 365 SCMの3つのメリットについて解説します。

サプライチェーンの合理化

生産スケジュールの自動化やタイムリーな配送により、サプライチェーンの最適化を図る必要があります。

すでに多くの機能を前述しているとおり、Dynamics 365 SCMには上記の問題を解決するさまざまなツールが備わっています。これらを利用することで安定したサプライチェーンの構築が実現し、その結果、キャッシュフローの増加とコスト削減へつながるのです。さらにAI、IoTなど最新のテクノロジーとの連携が可能なため、急速に変化する需要にも柔軟に対応できます。

パフォーマンスの可視化

サプライチェーンは、企業規模が大きくなるにつれて複雑化します。透明性が失われると、各所でロスや無駄なコストが発生しかねません。こうしたリスクを回避するためには、全体の可視性を高める必要があります。

Dynamics 365 SCMには在庫と物流の最適化を図るために、在庫・コスト・利益管理のリアルタイム分析ができます。加えて、BIによるレポーティング機能も複数備わっており、問題点の迅速な把握にも役立ちます。

セキュリティの強化

Dynamics 365 SCMでは、外部からの不正なデータ取得から大事なデータを守るために暗号化処理が施されています。

また、不正アクセスを防ぐため、ユーザー権限を所持する認証ユーザーのみがソフトウェアを利用できるようになっています。このようなセキュリティ機能はさらに、プライバシー保護に対応したデータセンターに対しても利用できます。

加えて、企業独自で、データ損失防止 (DLP) ポリシーを設けることも可能です。「機密情報の識別」「意図しない共有の防止」「機密情報の監視」「ポリシーに準ずるユーザーの教育」などにより、内部からのデータ流出を未然に防ぐためのセキュリティ強化が可能です。

まとめ

Microsoft Dynamics 365 Supply Chain ManagementはクラウドベースのSCMソリューションです。SYSCOMでは、お客様の抱える課題やニーズに寄り添いながら、Microsoft Dynamics 365 SCMの導入・運用支援サービスを提供し、ビジネスの成長をサポートします。

貿易ドキュメントテンプレート Dynamics 365 Finance, Supply Chain Management

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

デザイン思考とは?ビジネスで注目を集める理由や5つのプロセスを解説

ERP

組織改革が必要な理由とは?メリットや正しいステップを紹介

ERP

事業多角化とは?種類やメリットを徹底解説

ERP

企業に求められるESG経営と取り組むメリットについて

グローバルなサプライチェーン管理に役立つ!Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Managementとは?
ERP導入で失敗する8つの理由と回避策
ブログ購読のお申込み
New call-to-action
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

RANKINGパートナー資料ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ