リスキリングとは?リスキリング導入のメリットと導入の際の考えを解説

 2022.06.22  BizApp チャンネル編集部

IT市場の劇的な変化により、企業は動向に対応する動きが必要です。特に近年のDX時代において、デジタル化を素早く取り入れている企業は業務効率化やコスト削減に大きく繋げており、新しいアイデアやビジネスを生み出すことに成功しています。DX時代の競合企業に打ち勝つために、今後の市場変化を予測し、社内でDX人材を育成することすなわち従業員たちにDXに対応できる新たなスキルを身につけてもらうことは重要です。これまで日本の企業ではOJT(職場内訓練)を活用してきましたが、DX時代に注目されているのはリスキリングです。将来の企業の発展のためにも、コストをかけてでも社内の教育や研修にリスキリングを導入するとよいでしょう。

リスキリングとは?リスキリング導入のメリットと導入の際の考えを解説

リスキリングとは

まずリスキリングの概要とDX時代にリスキリングが必要な理由について解説します。

リスキリングの概要

リスキリングとは、業務で必要とされるスキルの大幅な変化に伴い、従業員に今後役に立つスキルや知識を習得することを目的に勉強してもらうことです。

DX時代にリスキリングが必要な理由

デジタル技術の進歩に伴い、企業の業務やサービス・仕事の進め方にも大きな変化が訪れています。企業はDX化による大きな変化に対応しなくては、競争力が低下し、事業継続が難しくなります。社員たちは、既存のスキルだけでなく新たに必要となる業務や職種に順応できるように、新たなスキルや知識を習得することが求められます。

経済産業省は、令和3年の「デジタル時代の人材政策に関する検討会 」のなかで、人材個人のリスキリングと成長が、DXを担うデジタル人材の育成につながり、我が国全体のDXを進展させる鍵となると述べています。

特にデジタル技術に関連したスキルや知識は、今後企業で新たなアイデアやビジネスを生み出す源泉として欠かせないものとなるため、リスキリングの促進が加速していくことでしょう。

リスキリング導入のメリット

リスキリングを導入するメリットについて解説します。

業務を効率化できる

リスキリングで習得したDXのスキルや知識を社内のDX推進に活かすことができれば、業務を効率化することができます。
特に既存業務に対しDXの推進を行い、業務の自動化・効率化により工数を削減することにより、従業員の生産性が向上します。
リスキリングを行うにはコストが発生してしまうが、リスキリングによって業務を効率化することで、将来的に初期投資以上のコスト削減や生産性向上が期待できます。

新しいビジネスやアイデアが生まれやすくなる

リスキリングによって新しいスキルや知識を身につけることで、社内で新しいアイデアが生まれやすくなります。そのアイデアから新しいビジネスや事業が生まれることもあるため、リスキリングで新しいものを積極的に取り入れることが企業の発展に繋がったり、新しい業務方法の発想により、コストの削減に繋がることもあります。

採用コストの削減

DXを推進しても社内にDX関連のスキルや知識を持つ従業員がいなければ、経験のある新たな人材の確保や外部の人材に依頼するなど大きなコストが発生してしまいます。そこでリスキリングによって社内にDXのスキルや知見を持つ人材を教育することができれば、採用コストを削減できます。
また、労働人口の減少やIT人材の不足により新規の人材を探すことも難しくなっていくために、社内の人材に対しリスキリングを実施し戦力化するべきです。

社内配置の適正化

リスキリングにより社員が新たなスキルを身に着けることで、需要の低い既存の業務から、需要が高い新しい業務へ配置転換することが可能です。たとえば、企業がある事業から撤退する戦略をとった場合、将来的に必要なスキルを身に着けていれば、今までの経験を活かして活躍の幅を広げることができます。
従業員にとっても新たなスキルを身に着けることで、賃金が下がることなく雇用を継続できて、自身の市場価値を高めことにつながります。

リスキリングの導入におけるポイント

リスキリングの導入において大切な考えを解説します。

今後の変化を予測し、必要なスキルをリストアップ

リスキリング導入において、まず従業員の保有しているスキルや知識・今後必要となるスキルや知識の差分を可視化する必要があります。
そのためにも、これから市場で起こりえる変化を予測とどのようなビジネスを創出するのかをイメージすることと、企業の目標や業績・事業内容などのデータを参考に、今後従業員に習得してもらいたいスキルや知識の明確化が必要です。
正確な市場の予測を行うことが出来れば、競合よりも早く必要なスキル習得に動き出すことができるため、市場の予測は十分に時間をかけて検討するようにしましょう。

リスキリング導入目的の再確認

社内にはDXの推進に反対の従業員やDX自体に苦手意識を持つ従業員、リスキリング導入の工数を無駄だと考える従業員など、リスキリング導入に前向きではない従業員もいるでしょう。
そのため、企業の目的や方針・展望を整理し、リスキリング導入が本当に必要なのか、リスキリング導入で想定している効果を生み出せるのかを再確認し、社内にリスキリング導入の目的や意図について説明し理解してもらうべきです。

研修プログラムを考える

習得を目指すスキルや知識によってプログラムは大きく変わるため、研修の期間や実施方法などは十分に検討する必要があります。だが、リスキリングのやり方はさまざまであり、決まったやり方はないため、企業に適した教育コンテンツを用意することは難しくもあります。
そこで、外部のリスキリングのプログラムを取り入れたり、リスキリング専門の講師を招いたりすることも有効です。

リスキリングで習得したスキルを活用する

リスキリングで習得したスキルは業務やアイデアの発送に活用しましょう。コストをかけてリスキリングを実施してもうまく活用できないと企業発展や環境変化への対応のために時間をかけて習得したものが効果を生み出せないままになってしまいます。

リスキリング実施の効果を確認する

リスキリングは一度実施すればいいというものではありません。DXのスキルや知見がない中で一度で新しいスキルを身につけることは大変ですし、定期的にリスキリングを実施することで従業員のスキルの底上げをすることができます。
また、定期的にリスキリングを実施しても企業にとって効果が現れなければ、ただコストがかかってしまうだけとなってしまうため、リスキリングを実施した結果のフィードバックを行い、リスキリング効果の検証とリスキリングに使用したコンテンツの改善を行うことも大切です。

まとめ

市場の変化が激しい現代のDX時代においてDXに適応できるスキルの取得は多くの企業にとって必須となります。リスキリングを実施するためにはコストはかかりますが、将来的にDXを通して市場の流れについていく力となり得ます。そのため、リスキリングにかかるコストは将来の企業の発展への初期投資と考えることができます。

また、日本企業全体の課題でもある人材不足に対して、リスキリングを行い既存の従業員のスキルアップさせることで、企業として新たな価値の創造とビジネスチャンスに繋げることができるため、リスキリングで新しいものを積極的に取り入れていくことが重要です。

リスキリングの重要性はわかっていても、DXの知見がない企業は特にリスキリングといっても何をすればいいのか、どのリスキリングのサービスを使用すればいいのか迷うことでしょう。
そのため、実績があり多くの企業で採用されているPower Platformをおすすめします。

Power Platformは、Microsoftが提供しており、業務アプリケーションの構築・運用を支援する機能が充実しているので、DX時代におけるIT人材に必要なツールといえます。Power Platformを使用することで、新しいアプリケーションの構築を視覚的な操作で実現でき、またデータ活用を推進できる人材へのキャリアアップを可能とします。
リスキリングの題材として、Power Platformを検討してみてはいかがでしょうか。

【事例解説】Power Automateで実現!業務効率化のポイントとは?

RECENT POST「開発」の最新記事


開発

業務標準化とは?向いていない業務には逆効果!具体的な進め方を解説

開発

UXとは?UIとの違いやUXを高めるための具体策を解説

開発

PC作業を自動化できる方法やツールを紹介!

開発

工場の設備点検はなぜ必要?重要性や効率化する方法を紹介

リスキリングとは?リスキリング導入のメリットと導入の際の考えを解説
Microsoft PowerApps はじめてのアプリ開発
ブログ購読のお申込み
New call-to-action
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

RANKINGパートナー資料ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ