生産管理システムとは

 2020.12.28  BizApp チャンネル編集部

製造業務の効率化や環境整備に欠かせないものに、「生産管理システム」があります。

生産管理を行ううえで課題となるポイントを抽出し、そのサポートを可能にする点は、企業経営において重要な役割を果たします。生産管理システムを新たに導入したり既存のシステムを見直したりする際には、自社に合った製品を選ぶ必要があります。

今回は、生産管理システムについて解説したうえで、導入前に知っておきたいメリットや選定のポイントなどを紹介していきます。

what-production-control-system

New call-to-action

生産管理システムとは

ものづくりを行う企業が現場の業務を整備する際には、効率的に現場オペレーションを管理・運用できるシステムが必要となります。このような製造現場の管理を総合的に行うシステムのことを、「生産管理システム」と呼びます。

現場では、さまざまな要素が常に動いています。「どんな製品が作られ、いつまでの納期で、在庫はどれだけストックされているのか」、「製品を作るための工程は標準化されているのか、無駄なコストは生まれていないか」といったように、製造現場において管理すべきことは多岐に渡ります。

そしていずれも、企業を動かしていくために重要な要素です。いずれかが軽視され管理体制がずさんになっていれば、売上に大きく響く結果となるのは明らかでしょう。また、顧客や従業員両方の満足度を低くださせることにもつながります。

しかし、適切な生産管理システムによって業務が効率化され、それぞれのプロセスが管理されていれば、製品はスムーズに製造され売上向上につながります。企業には、自社に合った生産管理システムの導入を行い、業務フローを最適化していくことが求められているのです。

生産管理システム導入のメリット

導入を考える際には、どのようなメリットがあり、どのような効果が望めるのか、しっかりと理解を深めておきたいところです。生産管理システム導入の際には、以下のようなメリットや恩恵があると考えられます。

情報の一元管理

アナログな手法で必要な情報を管理していると、複数の情報をまとめて参照したいときに、さまざまなファイルやツールを見なければいけないといった手間がかかります。こういった非効率的な工程は製造現場における課題の一つです。

しかし、生産管理システムを導入すれば、単一のシステムで複数の情報を一元的に管理し参照することが可能です。製造の進捗・販売実績・工数などの情報を一度に把握できるため、製造におけるあらゆる作業の効率化へつながるメリットが生まれます。

在庫管理の最適化

製造業における在庫管理を正確に行うことも、組織が目標として達成すべきポイントの一つです。生産管理システムは在庫管理を最適化するうえでも非常に役立ちます。

生産管理システムなら、仕入・生産・販売などの情報をリアルタイムで把握することができるため、用意しておくべき在庫の適正量を見極めることが可能です。そのため、結果として余剰在庫が生まれたり、在庫切れが頻発したりすることもなくなるでしょう。

納期の短縮

製造業において、顧客や取引先の満足度を向上させるためには、納期を極力短縮させてスムーズな納品を行うことが欠かせません。しかし、非効率的な工程が多く、生産性の向上が見られない場合、納期を思うように短縮することは難しくなります。それどころかリードタイムの延長という結果につながる可能性も生まれます。

その一方で、生産管理システムを導入すれば、現場の生産性を総合的に向上させることにつながります。システムによって製造業務の課題を見つけられるため、不良品や滞留在庫がなぜ生まれてしまうのか、業務フローがなぜ非効率的なのかなどを明確に見極め、改善することで生産性が上がり、納期短縮につながるのです。

業務の可視化

業務効率化を図るために必要なのは、業務フローや内容を俯瞰して客観的に問題点を把握していくことです。そのためには、業務の可視化・情報共有の体制の整備が必要となります。

生産管理システムなら、各部門の業務が容易に可視化され、進捗についてもリアルタイムで情報を把握することができます。

そのため、一部の現場に負荷が集中してしまったり、同一業務の重複が生まれたりなどの問題をなくすことが可能です。こうして、製造における情報共有がスムーズになされることで、負荷の平均的な割り振りも実現します。

生産管理システム導入時の注意点

製造業の業務効率化を目指す際には、生産管理システムの導入が必要不可欠になるのはもはや明らかでしょう。しかし、便利と言われている生産管理システムも実際に運用を行ってみると、思わぬ課題や問題が生まれる結果となる場合があります。

導入前に知っておきたいポイントとして、注意点やシステム選定のポイントを押さえておきましょう。

システム導入目的の明確化

便利でメリットが大きいからといって、ただシステムを導入し運用を行うだけでは、すべての問題が解決へと至るわけではありません。重要となるのは、導入の目的を明確化することです。

なぜ生産管理システムの導入が自社には必要なのかということを、まずは具体的に考えていきましょう。

解決したい課題は何か、目指したい効率的な業務フローとはどんなフローなのかなど、具体的な導入目的を考えれば、おのずと選ぶべきソリューションの特徴や条件は見えてきます。

自社にあったシステム選定

「各有名企業が採用している生産管理システムなら、わが社に導入しても安心…」とイメージしがちな部分はありますが、企業によって最適となるシステムは異なります。

同じ製造業でも、どのような製品を扱うのか、どのような形態で製造を行っているのかなどの特徴が企業によって異なるのと理屈は同じです。

導入した後に、自社の製造手法と生産管理システムの相性が悪いとわかれば、細かい設定をし直したりシステム自体を構築し直したりなど、無駄なコストや手間が生まれる結果となります。

また、機能性の高い生産管理システムは既存の別システムとの連携も行えるため、それらの相性についても導入前にしっかりと精査しておきたいところです。自社に合ったシステム選定は、時間をかけてじっくりと行っていきましょう。

導入・運用コスト

導入・運用コストについても、細かく検討しておきたいポイントになります。費用対効果が大きければコストの高いシステムを導入することも大切です。しかし、必ずしも高価なシステムを導入すればよいというわけではないのも重要な点です。

生産管理システムは、大きく分けてオンプレミス型とクラウド型の2種類があります。オンプレミス型は自社サーバーにシステムを構築する仕組みになるため、初期費用はかさみます。しかし、自社の業務に合うように設計できるカスタマイズ性の高さに、確かなメリットを持っているのが、オンプレミス型です。

対してクラウド型は、生産管理システムを提供する事業者のサーバー上で使用できるのが特徴です。オンプレミス型と比べてかなり早い段階で導入が可能となり、初期費用をとにかく抑えられるというメリットや手軽さが魅力です。

しかし、クラウド型には長期的に費用が発生すること、カスタマイズ性ではオンプレミス型に劣るといったデメリットもあり、どちらにもよい部分や悪い部分があることがわかります。まずは予算を考慮したうえで、冷静に比較検討していくことが重要でしょう。

まとめ

製造現場の生産性を上げること、業務フローを最適化することなどの課題をクリアするためには、生産管理システムの導入が必要不可欠となります。

近年はIT化の流れもあり、さまざまな管理がシステムによって効率化されるとき代です。生産管理についても総合的に管理が可能となる高機能なシステム導入は、業務効率化のためにも、積極的に検討したいところです。

しかし、企業によって最適となる生産管理システムは異なる場合も多く、導入の際には目的や課題を明らかにすること、自社に合った製品を的確に見極めることなどが重要となります。

優秀かつ有名なソリューションは、比較検討したうえで自社に合うものを確実に見つけ、業務環境の改革を行っていきましょう。

CTA

RECENT POST「ERP」の最新記事


ERP

販売管理システム選定ポイント

ERP

人材派遣管理システム10選 | サービス・製品の特徴とメリット

ERP

ERPの導入前に知っておくべきポイントとは?

ERP

生産管理システムとは?必要な機能についても解説

生産管理システムとは

サイト掲載へのお問い合わせ