DX事例

AI外観検査を活用した属人化からの脱却

HOYAデジタルソリューションズ株式会社

AI外観検査を活用した属人化からの脱却

本資料では、画像・外観検査へのAI導入ソリューション「HOYA Voyance Inspector」を導入された製薬会社様の事例をご紹介しています。

課題背景

  • 目視検査員の人員確保が難しく、検査ラインの拡充ができない
  • 従来の検査機器では、気泡を異物として誤検出が多発する

成果

  • 検査ライン増設の第一ステップ
    従来の検査ラインでは、複数名の目視検査員が必要であった。
    AI 外観検査が、人と同等の検査能力であることが把握され、今後の検査ライン自動化への足掛かりとなった。
  • 気泡と異物を識別し、目標とする検査精度を達成
    AI 外観検査により、液中に発生する気泡と異物を正確に識別することで、過剰検出を防ぎ目標の検査精度が達成された。
  • 全体の検査精度が向上
    AI 外観検査システムの記録データ(検査結果、画像、動画)を検査員の教育資料に用いることで、様々な異物のパターンを学習することが可能となり、全体の検査精度が向上した。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料をダウンロード