脱Notesに「新風を吹き込む」Microsoft Power Platformの可能性について

脱Notesに「新風を吹き込む」Microsoft Power Platformの可能性について

マイクロソフト社が提供するクラウドサービスの一つ「Microsoft 365/Office 365」で、現在自由にアプリケーション開発することは可能?

答えは「ハードルが高い!」(※出来ないわけではないが・・)

もっと「SIベンダー」が、「ユーザー様」が、自由にクラウド上でアプリケーション開発が出来るような環境(基盤)が欲しい!

それが今回ご紹介する『Microsoft Power Platform』なのです。

Microsoft Power Platformに含まれる「Power Apps/Power Automate」の”一部”の機能は皆さまがお持ちのMicrosoft 365/Office 365ライセンスで利用が可能(Seededライセンス)です。まずはSeededを有効活用し「脱Notes」を加速しませんか。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料をダウンロード