攻めのDXドリブン現場改革ウェビナーシリーズ ② 経済産業省 行政手続きの課題と最新技術への期待

 2020.04.15  BizApp チャンネル編集部

経済産業省は、2018年にDXレポートで指摘した「2025年の崖」を克服しDXを推進させるため、2020年度中をめどにデジタル経営に取り組む企業を格付けする制度「DX格付」(仮称)をスタートさせると発表しました。これによってDX先進企業に対する国内外からの投資や、優秀な人材が集まりやすくなり、企業間の競争がますます激化すると予想されます。このような中で、自社の勝ち残りを実現するためには、業務プロセスの見直しなど経営的視点から迅速に対応しDXを推進していく必要があります。同時に、現場主導で改革できる環境整備も必要です。

そこで、本ウェビナーでは、全三回にわたり、競争優位を生み出すDXの最新情報をお伝えしてまいります。第二回、第三回では実際にPower Appsを活用してDXに取り組むお客様にお話いただきます。ぜひご視聴ください。

[次のような方に特におすすめいたします]
経営者、執行役員、経営企画、情報企画、情報システム担当者、DXを推進する業務に携わっている方、DXにご興味がある方

<アジェンダ>
行政手続きの課題と最新技術への期待 ~Microsoft Power Appsへの期待~

経済産業省
商務情報政策局 総務課 情報プロジェクト室
デジタル化推進マネージャー
酒井 一樹 氏

※ 本セミナーはオンデマンド形式によるウェビナーです。お申込み後にメールをご確認いただきリンクをクリックいただくことでいつでもご視聴いただけます。

Microsoft Dynamics 365概要
Microsoft PowerApps はじめてのアプリ開発