知って、見て、作ってみる! Power Platformがローコーディングで実現するOne platformの可能性を体験する1-day イベント

 2019.01.07  Dynamics 365編集部

知って、見て、作ってみる!Power Platformがローコーディングで実現するOne platformの可能性を体験する1-day イベント
~PowerPointの操作とExcelの関数さえ分かれば業務アプリができてしまいます~

Power PlatformはPowerApps、Microsoft Flow、Power BIからなり、世界で唯一、データの収集から解析・予測まで、一気通貫でローコーディングにより実現可能なプラットフォームです。PowerPointの操作とExcelの関数さえ分かれば既存のデータやサービスと連携させた業務アプリケーションを開発できます。

業務プロセスにおいてサイロ化しているシステムのデータをCommon Data Serviceで連携することで、データの収集を意識することなく業務で生まれる情報を経営や開発部門での活用できたり、デマンド醸成からサプライまでのデータ連携によるパーソナライズ提案や需要予測の高度化、オペレーションの最適化、リアルタイムサービスなど、デジタルを基盤としてお客様のビジネスを加速します。 ローコード開発のプラットフォームを活用することで、これまでIT化できなかったプロセスをIT化し、効率化やデータ活用を低コスト短期間で実現します。

本セミナーでは、Power Platformがローコーディングで実現するOne platformの可能性を事例を交えながら知っていただき、実際にお客様のビジネスを加速させる活用シナリオをデモンストレーションでご覧いただけます。さらに、ハンズオンとしてしっかりと業務で使えるアプリケーションを一緒に作ってみていただけます。Power Platformの具体的な導入イメージを持つことができる1日イベントです。

日時 2019年2月18日(月) 10:00-18:00(9:45開場)
開催場所 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 31F セミナールームA
東京都 港区 港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
主催 日本マイクロソフト株式会社
お申し込み/詳細 詳細はこちら
新規CTA
無料Eブックをダウンロード