ノーコード開発とローコード開発の使い分け!
『市民開発とITベンダー共創開発の境界線』

 2023.01.10  BizApp チャンネル編集部

本セミナーでは、実際のノーコード・ローコード開発サービスであるPower PlatformとSCSK株式会社のCELF(セルフ)を例に、具体的な使い分けをイメージしていただけます。非ITエンジニアでもシステムを内製化できるサービスとして、ノーコード開発サービスが主流となってきており、また、情報システム部門やITエンジニアが生産性高くシステム開発をするためのローコード開発サービスも合わせて登場してきています。ノーコード開発サービスを使った市民開発と、ローコード開発サービスを使ったITベンダーとの共創による開発の用途・業務範囲を明確化して、企業のデジタル化推進に役立てていただける内容をご紹介します。ぜひご参加ください。

日時

2023年2月8日(水) 14:00~15:30

開催場所 オンライン開催
参加費用 無料
定員 200
主催 SCSK株式会社
協力 日本マイクロソフト株式会社
参加方法 イベントサイトから事前登録
参加対象者 DX推進部門、IT部門、または企業にお勤めでノーコード・ローコード開発に興味がある方
ご用意いただくもの パソコン、インターネット環境
プログラム内容 【プログラム】

14:00~14:25
市民開発とITベンダー共創開発の境界線
 ~全社展開・導入時の問題と6つのポイント~
SCSK株式会社 新ビジネス推進部 岡田 一志

14:25~14:45
進めよう、ローコード開発サービス「Power Platform」による業務改革!
SCSK株式会社 コミュニケーション第二部 羽田野 愛恵/細川 璃紗

14:45~15:05
ノーコードとローコードの2つの顔を持つサービスCELFから具体的な使い分けを知る
SCSK株式会社 CELF・Curlプロダクト課 大学 裕美

15:05~15:30
変化の時代に対応するためのアジャイル
SCSK株式会社 ものづくり革新推進センター アジャイル推進部 半田 芳樹

(自習書)フィールドサービス
Microsoft PowerApps はじめてのアプリ開発

RECENT最新セミナー・イベント

サイト掲載へのお問い合わせ